LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ウィグモア・ホール、2016/17シーズンの演目発表

2016.01.31
スクリーンショット 2016-01-31 18.11.11
(ホールのウェブからスクリーン・ショット)

1月28日に2016/17シーズンの演目発表をライヴ・ストリームで披露したウィグモア・ホール。出演者や日程もあわせて発表になっている。

http://wigmore-hall.org.uk/whats-on/2016-17-wigmore-series

 僕がウィグモアで興味があるのは歌なので、個人的に気になる演目をピックアップする。

2016年9月9日
サラ・コノリィ(シーズン・オープニング・リサイタル)

9月29日
マックス・エマニュエル・チェンチッチ

10月1日
バーバラ・ハニガン(ウィグモア・デビュウ)

10月2日
ナタリィ・シュトゥッツマン

10月20日
クリストフ・プレガルディャン

11月10日
イェスティン・デイヴィース

11月14日
イアン・ボストリッジ
アントニオ・パッパーノ

(2010年5月の記録、http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1209.html

11月18日
アドリアンヌ・ピエチョンカ

12月1日
フィリップ・ジャルスキィ

12月17日
ルネ・パペ(ウィグモア・デビュウ)

2017年3月14日
クリストフ・プレガルディャン

4月20日
トーマス・ダンフォード(リュート)

5月6日
カリタ・マッティラ

5月13日
ヴィオレッタ・ウルマナ

5月21日
クリストフ・ポール

6月8日
アナ・ルチア・リヒター

6月22日
マシュウ・ポレンザーニ

6月24日
チェチーリア・バルトリ
フィリップ・ジャルスキィ


 ここに挙げた全てに行けるとは思えないが、行けるものなら。争奪戦が必至なのは、2017年6月24日のバルトリだろう。ウィグモアに戻って来るのは15年ぶり。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.