LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

L’Étoile@ロイヤル・オペラ

2016.02.07
スクリーンショット 2016-02-07 17.30.01
(指揮者のマーク・エルダー卿)

2月1日からロイヤル・オペラ・ハウスで上演が始まったシャブリエによる「レトワール」を観てきた。レヴューはほぼ三ツ星ばかり。

http://www.roh.org.uk/news/your-reaction-letoile

 あるレヴューでは演出がつまらない、別のレヴューでは歌手陣が今ひとつと、なんだか手放しで誉めないのはフランス・オペラだからなのか、それともオペレッタともくくれる音楽だからか。こういう、クリティクがぐだぐだとつまらないことをつつく時は面白いオペラだと思った。そして、面白かった。

L’Étoile
http://www.roh.org.uk/productions/letoile-by-mariame-clement

King Ouf I always celebrates his birthday with a public impalement and has gone in disguise among his people to find a suitable victim. The forthright young pedlar Lazuli has just fallen in love with Princess Laoula (also in disguise) and is appalled to learn she is already betrothed, to Ouf. Unknowingly Lazuli insults Ouf, who thinks he has found his candidate – until court astrologer Siroco reveals that the stars of Lazuli and Ouf are so closely bound that if Lazuli dies so will Ouf. Lazuli is instead brought to the palace to be pampered.

The ambassador Hérisson de Porc-Epic, jealous of Lazuli’s love for Laoula, makes an attempt on Lazuli’s life. Lazuli survives, but Ouf is terrified of what might have happened. Ouf gives his blessing to Laoula and Lazuli’s marriage and declares that the couple will succeed him.


 ブログ仲間によるリハーサルの模様。
http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12122990439.html

 物語は、始まる前から、読んでも判らないだろうからと全く読まず。でも、オーケストラが最初の音を奏でた途端、そこからフランス音楽の香が最後まで。

 幸運なことに、指揮者のマーク・エルダー卿の真後ろの席をリターンで取れた。彼もまたこの素晴らしい音楽を楽しんでいることが判ったので、相乗効果でますます舞台を楽しめることができた。
 
 よく練られた演出、ちょっと頻繁すぎるかとも感じたが効果的な舞台変換、原作にはない、イギリス・フランス双方の役者に舞台でどのような物語が進んでいるかを語らせる絶妙なタイミング、そして美しい音楽。オペラはワーグナー、プッチーニ、チャイコフスキィだけではないことを改めて感じた舞台。僕なりに感じたこのオペラの主題は、「We should enjoy our life!」。

 上演日程がやや変則で、後半の4公演は2月15日以降にある。大御所オペラと比べると、チケットの値段が低く抑えられているので、ロンドンに居る人、ロンドンに来られる方にはお勧め。3枚だけだが、写真。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157664350959826

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.