LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Broken Britain 2016 [1]: 無意味に高すぎるCEOの給与

2016.03.06
昨夜から今朝にかけて、ガーディアン/オブザーヴァで、とても興味深い記事を3本読んだ。どれも、取り上げている分野は全く違うが、現在のイギリスがじわじわ冒されている病を想起させる。一緒に挙げるとインパクトが薄れるかと思うので、短くなるが一つづつポスト。

 まずは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミィによる、イギリスの大企業、とりわけFTS100のCEOの給与パッケイジは異常なくらい高すぎる、という研究報告。

Pay for UK bosses is ‘absurdly high’, top headhunters admit
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/05/pay-for-uk-bosses-absurdly-high

Britain’s chief executives are wildly overpaid, and there would be no negative impact on the economy if their salaries were slashed, a groundbreaking study of the country’s top headhunters reveals.

The London School of Economics report is a damning indictment of the state of executive pay, and comes as an analysis of FTSE 100 company accounts shows that the average pay package of a top CEO is now £4.6m a year.

Interviews with the top 10 international recruitment firms behind 70-90% of chief executive appointments in recent years found a consensus among so-called corporate kingmakers that levels of remuneration for the most senior executives are “absurdly high”.

Headhunters claimed that, for every appointment of a CEO, another 100 people could have filled the role just as ably, and that many chosen for top jobs were “mediocre”.


 現在のイギリスの大企業のトップに払われている給与パッケイジは異様なくらい高異。その給与を減額しても、イギリスの経済状況へのネガティヴなインパクトはない。
 
 FTSE100の企業のトップの給与平均は460万ポンド!、しかしCEOをヘッドハントする側からみると、そのトップ・ジョブに就く人の多くは「大したことのない」人物である。

Max Steuer, reader emeritus at the LSE and author of the new research paper, Headhunter Methods for CEO Selection, published in the Journal of General Management, said there was little evidence that lower pay would see a “brain drain”, as has been suggested.

In Denmark and other continental countries, the CEOs don’t get this high pay but they don’t seem to leave. The idea that if their pay were lower, British executives could show up in New York and say we would like to have your jobs, is a little implausible. I think the best way of thinking about it is that performance plays very little role in the selection process. Contrary to people saying these chief executives are ‘unusually able’, we don’t find any evidence of that.


 (前半、給与水準が下がると自分のキャリアにネガティヴなインパクトがあると考える人が多く、また企業側も無意味に高額な給与パッケイジを提示する)企業のトップの給与水準が下がると、「ブレイン・ドレイン」が起こるといわれるが、そのような証拠はほとんどない。
 デンマークや大陸の他の企業では、企業のトップにこれほど高額な給与を払っていないし、それに不満で仕事を離れる人は居ない。

“There is much less of a ‘global market’ than people claim. The problem here is really systemic. It’s not just the headhunters’ fault. Institutional investors, company remuneration committees, pay consultancies and CEOs themselves could all show greater restraint.


 市場で言われているほど、「グローバル・マーケット」は存在しない。


 イギリスでは大企業だけではない。チャリティのCEO、地方行政トップ、大学総長の給与パッケイジが首相よりも高額というのはざらだ。理由は、「グローバル・マーケットから優秀な人材を確保するには、これくらいの給与を提示しないと探せない」というもの。

 噴飯ものの言い訳だといつも思っている。「これだけの給与じゃなければやりたくない」という人材は採らなければ良いだけ。その仕事をしたいという人は常にマーケットに居るし、それが人材、そして企業や行政の活性化につながると思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.