LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ロンドンの自画自賛:ヴェネツィアに勝った、そうで

2016.03.13
数日前のガーディアンで、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート自然史博物館科学博物館への2015年度の合計入館者数が、ヴェネツィアを訪れた観光客の数を抜いたぞ、という見出しの記事があった。

Three London museums totalled more visitors than Venice in 2015
http://www.theguardian.com/business/2016/mar/07/three-london-museums-totalled-more-visitors-than-venice-in-2015

 こんな比較に引っ張りだされてヴェネツィアもいい迷惑ではないかと思う。

In St Mark’s Square and the Grand Canal, Venice has some of the world’s recognisable tourist attractions. But the Italian city was eclipsed in terms of visitor numbers last year by just three London museums – the Victoria and Albert, Natural History Museum and Science Museum.

London’s popularity, combined with the relative weakness of the pound making UK holidays less expensive, has helped to produce a bumper year for tourism across the country, with a record 124.4 million visitors (domestic as well as overseas) flocking to top attractions.

Blockbuster exhibitions such as Alexander McQueen: Savage Beauty at the V&A combined with late-night openings and membership events were driving interest from “a younger and culturally curious” new audience, according to Bernard Donoghue, the director of the Association of Leading Visitor Attractions (Alva).


 記事の中で書かれている1億2千4百万人という数が延べなのかは判らないが、数の上では確かに凄いと思う。個人的には、昨年はマックウィーンのブロックバスター以外に印象に残る展覧会がなかったので、およそ1200万人もの見学者がV&A、自然史、科学博物館に訪れたのか理由は判らない。自然史博物館はもしかすると、「パディンドン・ベア」の映画(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2392.html)の影響もあるのかな。

 出ては消え、消えては出て来るイギリスの博物館や美術館の入場を有料にする議論。文化施設が観光客を集める大きな要因の一つであるなら、有料化は観光客誘致にはマイナス要因になるだろう。

 今年の夏以降、来年の前半にかけて、ロンドンの美術館業界では大きな話題が続く。テムズ河畔に立つテイト・モダンの新しい建物が6月にオープン。

New building
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern/new-tate-modern/building

Tate Modern's Olympic-sized expansion to open in June 2016
http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/sep/22/tate-moderns-olympic-sized-expansion-to-open-in-june-2016

 そのテイト・モダンの話題の展覧会は、ジョージア・オキーフ

Georgia O’Keeffe
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/georgia-okeeffe

Flowers or vaginas? Georgia O’Keeffe Tate show to challenge sexual cliches
http://www.theguardian.com/artanddesign/2016/mar/01/georgia-okeeffe-show-at-tate-modern-to-challenge-outdated-views-of-artist

 更に、モダンにかなり水をあけられているテイト・ブリテンでは、来年そうそう、デイヴィッド・ホックニィの大回顧展。

David Hockney
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/exhibition/david-hockney

David Hockney show will be one of Tate Britain's biggest ever
http://www.theguardian.com/artanddesign/2016/feb/22/david-hockney-show-one-tate-britains-biggest-ever

 報道を斜め読みした所、ホックニィ自身は過去のことよりも、現在進行形の作品に集中したいそうだ。この展示はテイトの後、ニュー・ヨーク、そしてパリのポンピドーでも開催される予定とのこと。オキーフとホックニィなら、テイトのメンバーシップを再び購入するのはvalue for moneyだと思う。

 外観の工事はほぼ終了したようだが、未だに開館の予定が明らかになっていない新しいデザイン・ミュージアムは、2016年内の移動を目指しているようだ。

http://newdesignmuseum.tumblr.com/

2012年9月18日の写真。
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157631566266261

 コンラン卿は元気だろうか。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.