LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

春のパリ

2016.04.19
スクリーンショット 2016-04-19 13.24.51

昨年11月のテロリスト事件によって観光客が激減しているといわれるパリ。イギリスが欧州連合から離脱しないように、パリを応援しに行くぞ、とイギリス人の友人たちと。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157667328002605/

 5年前にパリで会ったきり、お互いの都合が全く合わなくて会えなかった友人とも再会。友人曰く、アメリカ人の観光客はほとんど居なくなったけど、南米からの観光客が増えているから年末・年始ほど閑散としては居ないそうだ。天気が良かったので、セーヌ川沿いを散歩した時も、観光客が戻って来ているような印象を受けた。

 中心であればどこへ行っても英語は通じるし、直行のユーロスターであれば2時間ちょっとでパリへ行けるから、東京から京都へ行くような気分。以前は、日曜日の夜なんてまともに食事ができる所なんてほとんどなかったように記憶しているが、最近では選択肢が増えて、日曜日の滞在もかなり快適。友人が選んだセーヌ通りのFish La Boissonnerie(名前から海鮮かと思ったら違った)の若いウェイトレスが南アフリカからとおぼしき客と流暢な英語で話していた。あれはフランス人の英語じゃないよなと思い、僕たちのテイブルに来た時に、「I am sorry, but I have a kind of silly question. Where are you from?」。破顔一笑、「私、アイリッシュよ。ダブリンからよ」とのこと。そのあと、サーヴィスがほんの少し良くなったような気がした。イギリスが欧州連合を離脱しませんように。

 一つ注文するなら。観光客に戻って来て欲しいのなら、オルセー美術館の月曜開館を要望したい。また、チケット購入サイトによるのだろうけど、美術館入場券の印刷に課金するのも止めて欲しい。

スクリーンショット 2016-04-19 13.26.04

[追記:4月20日]
読んでいなかった先週土曜日のガーディアンに掲載された記事。

Thousands of troops on Paris streets but are they France's new Maginot line?
http://www.theguardian.com/world/2016/apr/15/paris-attacks-operation-sentinelle-soldiers-patrolling-streets-france-safer

 今回はいわゆる観光施設へはオランジュリー美術館にしか行かなかったので、僕は兵隊に遭遇することはなかった。ま、安全ということ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.