LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

能@キングス・プレイス

2016.05.14
スクリーンショット 2016-05-14 6.38.37
(Kings Place, from L to R: Kiyoshi Yoshitani, Mitsuhiro Kakihara, Tatsushi Narita, Yukihiro Isso, Masaki Umano, Yoshimasa Kanze

今週末、2016年5月13日と14日、キングス・クロス駅から少し歩く所にあるキングス・プレイスで、日本で「能」を学んだイギリス人が企画した「能」のイヴェントが催される。能はおそらく今まで全く観たことないので、折角だから日本人演者による本格的な舞台を観たかったので、昨晩の舞台を。

Noh at Kings Place, London

Yugen – the mysterious elegance of classical Noh
Noh Reimagined
Music / Friday, 13 May 2016 - 7:30pm / Hall One


Yoshimasa Kanze Noh Shite main dancer-actor

Yukihiro Isso Nohkan Flute

Mitsuhiro Kakihara O-tsuzumi- hip drum

Tatsushi Narita Ko-tsuzumi- shoulder drum

Yoshitani Kiyoshi Taiko- stick drum

Masaki Umano - Shite and Koken

This programme will include highlights from the classical Noh plays Tenko and Toru, both by the foremost Noh playwright-performer Zeami (1363-1443).

Tenko refers to a celestial hand drum and is also the name of a boy who possesses this amazing drum. The boy had refused to give the drum to the emperor and drowned when the drum was taken from him. But when the drum makes no sound when played for the emperor, a memorial service is held for the boy. There, the ghost of Tenko appears and dances, then disappears between waking and dreaming as day breaks. Toru was a prince who retired from court to spend the rest of his life elegantly enjoying arts in his country home where he re-created a replica of Shiogama Bay with its pine trees and beautiful moon. In the play, he appears to a travelling priest and dances in the moonlight.

Yukihiro Isso (Nohkan flautist) together with other artists will perform his original pieces inspired by Noh ghosts and demons.

Generously supported by Yakult, Daiwa Anglo-Japan Foundation, Great Britain Sasakawa Foundation, Arts Council England, Arts Council Tokyo, and Japan Foundation.


 昨晩の客層は日本人、非日本人の比率がちょうど半々という印象。昨晩はソールド・アウトだったし、前半はほとんど満席のようだった。しかし、休憩から戻らなかった英人客は少なからず居た。思うに、外国人が思う「理想」の日本の印象と、「伝統」の日本の差があったのかなと推測する。

 毎週、毎月、能を観たいかと問われれば即答はできない。でも、昨晩の舞台は個人的に多くの刺激を受けた。最初の演目は「三番叟」の音楽だけ。肩の所で鳴らす小鼓、腰の部分で叩く鼓、そして笛の3人。鼓2人だけの部分では、「なんてfunkyな」。主旋律のない、打楽器だけの部分のとても挑戦的で、しかも美しさを失わないリズム。

 全体を通して感じたのは、欧州の文化と日本の文化の相違点。例えば、観世芳正さんが謡うとき、大きく口を開けてオペラ歌手のように朗々と声を響かせることはなかった。最も汗をかいていたKakiharaさんは汗を拭わなかった。その演奏に集中する姿勢が本当に美しく、清々しいと感じたのは日本人だからなのかな。

 僕も含めて、多くの人が戸惑ったであろう点は、どこで拍手をしていいのか。例えばウィグモア・ホールだと、演者が舞台に出てきた時に拍手、パフォーマンスが終われば拍手。昨晩、多くの演目で、「あれ、ここで終わりなのかな?」という、どうもクライマックスを迎えたという終わり方はほとんどなかった。演者の皆さんが動きを止め、すっくと立ち上がったので、終わったんだとわかる。

 最も印象に残ったのは、舞台上での皆さんの姿勢の美しさ。背筋が揺れることのない、そしてその姿勢の美しさが緊張感を強いない自然な姿に、観ている僕の居住まいも自然と矯正されたような気分。日頃、姿勢の美しさがどのようなことなのかの理解をもっていないと思われるイギリス人に囲まれていると、日本人の姿勢の美しさはもっと語られても良いのではと思う。

 キングス・プレイスの予定は全く追っていないので、教えてくれたブログ仲間に感謝。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.