LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

イギリス・リベラル報道(kind of)の危機

2016.05.17
TheGuardian.jpg
(イヴニング・スタンダード紙から無断拝借)

ガーディアン紙の初めての女性編集主幹ということで注目を集めたキャサリン・ヴァイナーさん(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2440.html)。最近、彼女を悩ませていたであろうことの一つは、彼女の前任者、アラン・ラスブリッジャー氏の処遇。編集主幹時代のラスブリッジャー氏は、スノーデン報道のスクープ、ディジタル・メディアへの積極的な進出により、リベラル・メディアの旗手「だった」。編集主幹退任後は、今年の秋に、ガーディアン・オブザーヴァ紙の経営母体(なのかな)のスコット・トラストのトップに就任予定「だった」。

 ところが、最近になってガーディアンの収益が激減している現状をライヴァル紙がこぞって取り上げ、その元凶はラスブリッジャー氏「だった」、という報道が相次いでなされた。で、今夕のイヴニング・スタンダード。

Everything you need to know about the Guardian’s giant bust-up
http://www.standard.co.uk/lifestyle/london-life/fueding-and-financial-meltdown-everything-you-need-to-know-about-the-guardian-s-giant-bustup-a3249961.html

 どうやら、ラスブリッジャー氏の就任は反古になったようだ。僕のように毎日、朝夕、こまめにウェブ上でもニュースを読んでいなければ気づかないかもしれないが、2016年に入って、ウェブ上のコンテンツの数が減少傾向にある。これがパークレィ・ブラザーズが所有するテレグラフ、マードックのタイムズだったら気にしないが、偏向の批判はあれどリベラルなニュースがほぼ何の規制もなしに公衆に開かれているガーディアンの今後がどうなるかはとても心配。

 脱線する。人の功績の実情を知るのは本当に難しいと感じる最近の好例は、前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏の仮面が剥がれつつあること。日本では舛添都知事と対比して「素晴らしい」市長の例として引き合いに出されている。しかし、ジョンソン氏が欧州連合離脱の先鋒に立って以来、彼がロンドン市長時代に隠してきたことが徐々に明らかになってきている。

 危機に陥っているのはガーディアンだけではない。どうしてだか全く理解できないのだが、現保守党政権はBBCがことのほか嫌いのよう。予算の削減等のいじめは恒常的、そして昨日、今日の大きなニュースは、BBCがウェブ・マガジン形式で挙げている料理のレシピ情報を、ウェブ内容をスリムダウンする一環として止める、そしてそれへの社会からの反論。

Save BBC recipe archive petition signed by more than 100,000 people
http://www.theguardian.com/media/2016/may/17/save-bbc-recipe-archive-petition-signed-by-more-than-25000-people

 安倍政権が既に崩壊させたNHKへの不信が視聴者からなんの意見もでない日本はトルコと同じレヴェルだから全くの他人事に感じるだろう。でも、報道が権力におもねるようになれば、国民の「知る権利」は奪われることになると思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.