LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

芍薬、躑躅(つつじ)、石楠花が満開のキュー・ガーデンズ

2016.05.29
スクリーンショット 2016-05-29 19.27.26

午前中は少し肌寒かったが、キュー・ガーデンズへ。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157668249334640/

 藤は既に終わっていたが、芍薬、躑躅、石楠花が満開でその彩りの豊富さに圧倒された。特に芍薬の美しさは、僕のカメラと技術では、その美しさを全く再現できない。躑躅と石楠花はおそらく今週末がピーク、芍薬はまだ堅い蕾の株がかなり有ったので、好天が続けば、来週末には見頃のピークだと思う。

 余談。出口へ向かっている途中、ロイヤル・バレエのプリンシパル・ダンサーのスティーヴン・マックレィに遭遇した。プライヴェイトを邪魔したことを詫びてから、少し話すことができた。清々しい態度のマックレィは、6月の日本公演をとても楽しみにしているとのこと。社交辞令半分だとは思うが、日本のバレエ・ファンからはいつも多くの刺激を受けるので、日本へ行くのは常に嬉しいそうだ。まだ小さいからだろう、お子さんも連れて行くそうだ。マックレィ曰く、彼のお子さんは日本のバレエ・ファンの間では彼以上にスターだそう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.