LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

草間彌生の新作@ヴィクトリア・ミロ、ロンドン

2016.05.31
スクリーンショット 2016-05-31 12.45.52
(@Victoria Miro)

5月25日からロンドンのヴィクトリア・ミロ・ギャラリィで始まった草間彌生さんの新作展示を観てきた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157668246834780/

 鏡のインスタレイションは、それぞれの中にいられる時間は30秒だけ。また作品管理の為であろう、一人だけで入れることはない。2人、もしくは3人が同時に中に入る。ということで、2人とか4人で行くのが無難だろう。

 イギリスの批評では、同じような作品が続くからであろう「セルフ・パロディ」という後ろ向きな評価がでている。しかし、日常の中に現れる非日常を簡単に、そして深く味わえるのであればセルフ・パロディでは終わっていないと思う。無理だろうが、カボチャの鏡の部屋には3分間くらいはじっとたたずんでいたい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.