LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Oedipe(エディプス王)@ロイヤル・オペラ

2016.06.07
スクリーンショット 2016-06-05 21.18.09
(ロイヤル・オペラ・ハウスのウェブからスクリーン・ショット)

5月のロイヤル・オペラ・ハウスは「フランケンシュタイン」と「エディプス王」というなんだか想像しがたい演目が並ぶひと月だった。ルーマニア出身のエネスコについては、「エディプス王」を観ようと思うまでその存在すら知らなかった。20世紀前半につくられ、多くの人が知らないようなオペラがロイヤル・オペラで売れる訳もなく、初日まではチケットはたくさん売れ残っていた。しかし、初日のレヴューは5星、4星の連続で残りの公演は短期間のうちに完売になった。レヴューを読んでいて、音楽と舞台が一体となったものを期待し、実際の舞台(6月4日)は、想像を超えるほど面白いものだった。

写真(ロイヤル・オペラのフリッカー)
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/albums/72157668450662151


The Story
Oedipe is destined to murder his father and marry his mother. His parents arrange for his murder but instead he is raised as a prince of Corinth. Discovering the prophecy, he flees Corinth – only unwittingly to kill his true father and marry his mother.

After 20 years the truth is discovered. Oedipe blinds himself and his wife/mother commits suicide. He wanders the wilderness. At a grove outside Athens he discovers his final resting place and disappears in a blaze of light.


Background
Romanian violinist, pianist, conductor and composer George Enescu (1881–1955) made his first orchestral sketches for Oedipe in 1910, after being powerfully moved by a stage performance of Sophocles’ Oedipus tyrannus. His librettist, the French poet Edmond Fleg, was still making changes to the text by 1921 – while Enescu would not finish the score of this, his only opera, until 1932. The premiere at the Paris Opéra on 13 March 1936 was well received but in 1937 the opera was dropped from the repertory, not performed again until 1955. It has since then enjoyed only sporadic performances – despite being acclaimed as one of the great masterpieces of the 20th century.

Catalan theatre group La Fura dels Baus (Le Grand Macabre, ENO) first staged their production of Oedipe at La Monnaie, Brussels, in 2011. True to form for this innovative theatre company, their spectacular take on Enescu’s exploration of fate and freedom creates an earthen world ravaged by both natural and man-made disaster. From this land of clay Enescu’s breathtaking score soars – encompassing everything from Berliozian opulence to eerie Sprechstimme – in this sole operatic statement from a great musician.


Music:George Enescu
Libretto:Edmond Fleg
Directors:Àlex Ollé and Valentina Carrasco
Set designer:Alfons Flores
Costume designer:Lluc Castells
Lighting designer:Peter van Praet

Performers
Conductor:Leo Hussain

Oedipe:Johan Reuter
Tirésias:John Tomlinson
Antigone:Sophie Bevan
Mérope:Claudia Huckle
Jocaste:Sarah Connolly
The Sphinx:Marie-Nicole Lemieux
A Shepherd:Alan Oke
The Theban High Priest:Nicolas Courjal
Laïos:Hubert Francis
Créon:Samuel Youn
Phorbas:In Sung Sim
The Watcher:Stefan Kocan
Thésée:Samuel Dale Johnson
Theban Woman:Lauren Fagan

Chorus:Royal Opera Chorus
Concert master:Peter Manning
Orchestra:Orchestra of the Royal Opera House


 このプロダクション、ブリュッセルのモネ劇場との共同で、5年前にブログ仲間のレイネさんが感想を書かれている。

http://didoregina.exblog.jp/17123678/

 レイネさんが書かれているように、音楽は口ずさめるような旋律はほぼ皆無だが、その力強さ、美しさ、繊細さに始まりから終わりまで全く飽きることはなかった。ソロ歌手陣にキラー・チューンのようなアリアがない分を補って更に御釣りが山のように来たのがコーラス。既にどの幕だったかを思い出せないが、コーラスが舞台上で生み出すダイナミズムには鳥肌が立つほどだった。

 歌手陣でちょっと意外だったのは、主役のロイター(本来の発音が判らないので英語読み)とサラ・コノリィの声が意外に細かったこと。ジョン・トムリンソンがいつものように吠えまくっていては、他の歌手の声が細く聞こえてしまうのは仕方ないのかもしれないが。

 舞台で一つだけ不満だったのは、最後にでて来るテーセウスのネクタイ。

https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/27162759896/in/album-72157668450662151/

 この写真でも判るように、衣装は真っ白のスーツ。オペラの最後、エディプス王が浄化されることへの導きになっているのかもしれない。衣装が真っ白ならネクタイもさらの純白にすれば良いものを、なんだか安っぽく見える縞が入っていて、「総合芸術」としてのオペラを目指すなら最後のネクタイまで気を配って欲しかった。

 ソフォクレスの原作を元にしたリブレットからは、ギリシャ神話の奥深さ、そして現代への警鐘となる普遍性を感じる。例えば第3幕、エディプスとクレオンの間で生じる緊張からは、欧州連合から離脱するかで揺れるイギリス、そしてドナルド・トランプが象徴するであろうアメリカの双方が鮮明に放出する受け入れたくないものへの強固な不寛容さを思いながら舞台に見入っていた。

 来シーズンのプログラムには入っていないが、ロイヤル・オペラには是非、再びこの作品を上演して欲しい。僕が観に行った6月4日にはBBCがラジオで生放送していた。音楽は素晴らしいのだが、視覚からの刺激がないと緊張感が途切れないまま聴くのは難しいと思う。是非、この舞台を再び観たい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.