LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

UK、欧州連合からの離脱、確実:イギリスが歴史に名を残した日

2016.06.24
イギリス時間、6月24日、午前6時現在、国民投票の開票結果は、欧州連合離脱でほぼ確定。

スクリーンショット 2016-06-24 5.58.20
(ガーディアンのスクリーン・ショット)

EU referendum live results — tracker
http://www.theguardian.com/politics/ng-interactive/2016/jun/23/eu-referendum-live-results-and-analysis

The picture that is emerging is of a heavily polarised country, with remain areas coming in more strongly for remain than expected, and leave areas more strongly for leave. Geographically, Scotland and London have voted overwhelmingly for remain, but England leans heavily to leave.

 この結果が即座に反映されるのは金融市場で、普段の生活での目に見えての影響が直ぐに出るとは思えない。例外は、海外へ行こうとする時、£の価値の低さだろうか。

 これで、スコットランドの2度目の独立投票が行われて、その時はほぼ独立となると思う。また、北アイルランドも何かしらの動きがでるだろうと思う。
 
 United Kingdomという存在が無くなる可能性が高くなったということなのだろう。

 BBCのこのペイジで、詳細が判る。

http://www.bbc.co.uk/news/politics/eu_referendum/results

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.