LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

キッチン改修のドタバタ

2016.08.04
2010年から住んでいるフラットのキッチン・キャピネットの改修を大家が決めたのは今年の4月。配送で想像を絶するイギリス人の無責任体質、言い換えると「この責任の所在は自分にははないからこの混乱を解決する責任は自分には無い」という仕事ぶりを改めて確認した。他方、イングランド人のFitterの働きぶりには感心した。まだこれほど信頼を置けるイングランド人のフィッターが居ることに驚いた。

スクリーンショット 2016-08-04 6.12.20

スクリーンショット 2016-08-04 6.12.44

スクリーンショット 2016-08-04 6.16.20

スクリーンショット 2016-08-04 6.17.03

 ずっと借家暮らしで、今回のようなキッチンの改修を経験したのは初めてだった。このフラットにたどり着くまでロンドンの貧困な住環境に揉まれてきたので、新しいキッチンを使えることは幸せなことだと思う。

 大家に許可を取ったので、写真を。

Kitchen Renovation: Day Zero to Day Six
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157670972391721/

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.