LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

在イギリス日本大使館からの注意喚起

2016.08.05
8月3日、ロンドン中心のラッセル・スクウェアで起きた事件を受けて、日本大使館が以下のメイルを送ってきた。

当地在留邦人及び旅行者の皆様へ

1 英国警視庁によれば,8月3日22時30分頃,大英博物館近くのラッセル・スクエアにおいて,19歳のソマリア系ノルウェー人の男が6人の通行人を相次いでナイフで襲撃し,60代の米国人女性はまもなく死亡,その他の女性2名と男性3名(英国、米国、豪州、イスラエル国籍)が負傷する事件が発生し,犯人はその場で逮捕されました。犯人は精神疾患を有している模様であり,本件にはこれまでのところ,テロとの関連性についての情報はありません。

2 一方,英国内のテロ脅威レベルは,2014年8月末の引き上げ以降現在に至るまで「深刻(Severe)」(上から2番目)が継続されています。また,英国政府は,8月3日時点でテロの具体的な脅威情報はないとしつつも,他の欧州諸国でのテロ情勢に鑑み,武装警官の更なる増強配置を行うなど引き続きテロ対策強化に努めると共に,市民に対し冷静を保ちつつ、用心を怠らない(Alert and Vigilant)よう改めて呼びかけています。

3 つきましては,皆様におかれても,外務省海外安全ホームページや当館ホームページ及び報道等により、常に最新情報の入手に努めるとともに、公共交通機関やレストラン、競技場、コンサートホール、ショッピングモールやホテルなど不特定多数が集まる場所を訪れる際には、周囲の状況に十分注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保を心掛けて下さい。また,当館ホームページにも掲載しております諸点(以下のリンク)を、ご家族や職場の関係者,お知り合いの方々とも共有していただき,この機会に改めて安全対策の再確認をおこなって下さい。


(大使館HP下段「安全情報」)
http://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
(これまで発出した注意喚起)
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/anzenterror.html

在英国日本大使館
領事班


 8月3日の午前中、滅多に行かないケンジントン・ハイ・ストリートで武装警察官が巡回しているのを見かけた時は、「大使館が多いからだろうな」としか思わなかったが、ちょうど3日から武装警察官の数を増やしたとのこと。

 大英博物館だけではないが、ロンドンで観光客に人気の高い博物館・美術館では持ち物の検査が厳しくなっている。観光で外出する時は、持ち物は必要最低限にした方が良いだろう。

 ロンドンでは銃による犯罪は滅多に無いが、近年、刃物による殺傷事件は微増傾向。難しいとは思うが、おどおどしながらではなく、ロンドンなんて自分の庭、という感じで歩き回る方が良いと思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.