LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

イギリスの郵便番号の読み方

2016.08.14
観光客が増えて、道に迷っている、特に子供連れ家族や高齢と見える人には声をかけるようにしている。ロンドンはテロの危険性を除けば安全だと思うけど、地図を広げて公道の真ん中で立ち往生していたら、それは鴨。

 スマフォやタブレットが普及してグーグル・マップのおかげでよほどのことが無ければロンドンでは道に迷うことは無いはずだが、ここ数年の間によく遭遇する観光客が迷う情報の一つが、イギリスの郵便番号の読み方。

 イギリスの郵便番号は、おそらく世界では少数派だと思われる(他に思いつくのはカナダとオランダくらい)、数字とアルファベットの組み合わせ。例えば、バッキンガム宮殿の郵便番号は、SW1A 1AA。イギリスに来てグーグル・マップ等に郵便番号を入力する場合、どうでも良いことかもしれないけど、ま、覚えておけば役に立つかもという法則は、右側は常に数字・アルファベット・アルファベットの組み合わせであること。

 左側は、僕の知る範囲ではアルファベットと数字の組み合わせで2組、3組、4組の組み合わせがあリ、最初は必ずアルファベット。そして後ろの3つは常に3桁。例えば、ロンドン北部のある地域の郵便番号が「N122XX(これが本当にあるかどうは知らない)」と教えられたとする。ロンドンには「N1」も「N12」も存在する。この郵便番号の正確な読み方は、「N12 2XX」であり、「N1 22XX」ではない。

 イギリスの郵便番号情報は、とても正確だと思う。他方、組み合わせのルールを知らないと、たまにだが、目的地からかけ離れた場所へ行ってしまうこともあり得る。

[追記]
日本って、凄いなと思う。こんな情報がある。

http://ja.youbianku.com/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.