LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

猫と暮らすこと

2016.08.14
スクリーンショット 2016-08-14 21.16.30

シェルターから引き取る猫は、既にいろいろな境遇をくぐり抜けてきているので、仲良く寄り添って毛繕いをするなんてことを期待してはいけない、ということは学んだ。でも、せめて一緒に写真に撮れたらなとは願っていた。やっと、それなりの写真を撮ることができた。

 引き取る時に言われた通り、Tan Tanの腎機能はゆっくりと、そして確実に機能不全へと向かっている。長く幸せな後半生を送って欲しいが、その為に半年に1回の血液検査が彼にとっていいことなのかは悩む。

関連記事
スポンサーサイト
Cats    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.