LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

バターナット・スクウォッシュ・ヌードルズ (Butternut squash noodles)

2016.09.13
スクリーンショット 2016-09-13 8.37.48
(セインズベリィズの商品)

イギリスだけではないと思うが、「健康」に良い食生活を目指す人達の間で定着しているお題目は「クリーン・イーティング」。僕の解釈は食べる必要の無いものはあえて食べない。クリーン・イーティングに異を唱える人も増え始めた様だが、僕としてはそのような意識の変更があったからこそ開発されたのかなと思うのが、最近、友人に教えてもらった、「バターナット・スクウォッシュ・ヌードルズ

セインズベリィズ
http://www.sainsburys.co.uk/shop/gb/groceries/sainsburys-butternut-squash-noodles-300g

 ウェイトローズも販売しているが、価格と量ではセインズベリィズの方がちょっとお得。イギリス人にとって「野菜」とはドレッシングに浮いている葉もの野菜か、形が無くなるほど煮くずれた根菜という印象がある。自分では作れない、シャキシャキした歯ごたえの野菜はとても新鮮、且つ「野菜を食べている」という感覚を持てる。

 セインズベリィズのバターナット・スクウォッシュ・ヌードルズはおそらく味覚調整の為だろう、砂糖を添加しているのが気になる。ま、調理する前にさっと水を通せば気になるほどではない。イギリス人がここまで食と健康に取り組むようになるなんて、イギリスに来た時には予想すらしていなかった。

[追記]
友人が、ヴェジタブル・ヌードル・カッターなるものが人気だと教えてくれた。

veggienoodle.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.