LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

チューリッヒ、シュヴァルツェンベルク

2016.09.13
スクリーンショット 2016-09-13 16.02.43
(チューリヒ中央駅)

シューベルティアーデでのプレガルディャン父子のリサイタルを観に行く計画を立てたのは、今年の初め。飛行機はマイレイジで、シュヴァルツェンベルクのホテルの宿泊は8ヶ月も前に先払い、リサイタルのチケットも無事に郵送され、残りの出費はチューリッヒでのホテルと移動で利用する鉄道とローカル・バスだけだから、上手く行くだろうと思った。誤算は、イギリスの欧州連合離脱決定による£の暴落、そしてリサイタル当日の雷雨。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157672685011042/

 スイス・フランを購入しにマークスへ行った。弱い£は判っていたものの、交換レイトの悪さに購入を止めた。必要であればチューリッヒで€から交換すれば良いだろうと。

 チューリッヒ空港の案内所で市内までの鉄道の切符を購入。€で払えて、御釣りはスイス・フラン。レイトは1:1。チューリッヒ国立美術館の入館料も€で払えて、御釣りはスイス・フラン。交換レイトは1:1。スイスを訪れる予定は無いので、スイス・フランで葉書を購入。とても短い滞在時間で判断するのは良くないことだが、チューリッヒは僕には退屈な街と感じる。

 7月にミュンヒェン空港でSバーンの切符を購入した際、手痛い失敗をしたこと、そして日を追うごとに弱くなるポンドの下落ぶりに、チューリッヒ・オーストリア間の鉄道の切符は先に購入することにした。

http://www.sbb.ch/en/home.html

 チューリッヒから途中駅までファースト・クラス、片道2時間弱の鉄道料金が、交換・返金なしの特別価格で往復£54−はイギリスではあり得ないほど割安。行きのファースト・クラスでは食堂車から従業員の皆さんが注文を訊きにきて、更に席まで運んでくれる。そして車掌からは無料の新聞(ドイツ語新聞なので丁重に辞退)。ただ、チューリッヒへの戻りの時は、残り1時間強の走行だからか、誰も来なかった。

 行きは、偶然にもパノラマ車両。チューリッヒ湖の素晴らしい景観の写真を撮れたことだろう、天気が良かったら。前日の晴天が幻だったと思えるほど、ピンポイントで雷雨。スイスの湖で観る稲光というのもまた貴重な体験なのかもしれないが。

 シュヴァルツェンベルクへの最寄りの鉄道駅からのローカル・バスへの接続は、シューベルティアーデ事務局が事前に時刻表をメイルで送ってくれたので迷うことは無かった。しかし、雷が轟き、目の前の霧が濃くて対向車が見えないのに何事も無いようにスピードを出す運転手のハンドルから目を離せなかった。

 シュヴァルツェンベルクで最も高いらしいホテルは、かなり不満が残った。忙しい受付の女性が鳴りまくる電話の対応におわれるのは仕方ないとして、宿泊客にウェルカム・ドリンクをあてがって40分もほったらかしにするのはあの宿泊費を払う意味は無いかなと。

 雨がやみ、雷雲が遠ざかったので散歩コースがあるので歩いてみようかと思っても、落ち着いて質問できる余裕を受付の女性からは感じられなかった。朝食はコンチネンタル・スタイル。飲み物は食堂の右端、ハム等は隣の部屋の左の角、と言う具合に食事や飲み物の場所があちこちに散らばっていた。歴史のある格式というイメイジと、ホスピタリティは必ずしも一致しないという見事な例だと思う。

スクリーンショット 2016-09-13 16.04.29
(ロンドンに戻る前、30分だけ広がった青空)

 シュヴァルツェンベルクへ鉄道等の公共交通機関を利用していくのは予想していたほど難しいことではなかった。時間がかかるだけ。再び訪れるかどうかは判らないが、再訪する時は、スイス経由ではなくてザルツブルク、もしくはインスブルック経由で試そうかと思う。

 チューリッヒ市内から空港に戻る時は、時間に余裕を持って路面電車で移動した。中央駅の案内所の女性が、「路面電車だと40分ほどかかるのよ。鉄道だと10分よ。本当に路面電車で良いのね?」と。鉄道は地下だから、町並みを眺めながらの空港への移動は思いのほか楽しいものだった。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.