LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

メイ首相、ヒンクリィ・ポイントC建設に合意

2016.09.15
スクリーンショット 2016-09-15 8.24.15
(ガーディアンのサイトのスクリーンショット)

7月末、調印当日の朝にメイ首相がストップをかけたヒンクリィ・ポイントでの新しい原子力発電所建設計画。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2724.html

 様々な政治的駆け引きがあったのだろうと思う。昨夕から、メイ首相が合意するらしいという憶測ニュースが流れていた。そして今朝、建設にゴー・サインがでたとの報道。

Hinkley Point C nuclear power station gets go-ahead
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/sep/15/hinkley-point-c-nuclear-power-station-gets-go-ahead

 地図で見ると、ヒンクリィ・ポイント原子力発電所は海岸沿い。イギリス人でも覚えている人はそれほど居ないかもしれないが、ヒンクリィ・ポイントの西側にあるマインヘッドからちょっと先にある小さな漁港の村Lynmouthは、大雨による鉄砲水で壊滅的な被害を受けたことがある。

Lynmouth Flood
https://en.wikipedia.org/wiki/Lynmouth_Flood

 半世紀以上も前のこと、また平地(ヒンクリィ・ポイント)と川から港への狭い土地(リンマス)という違いはあるのでヒンクリィ・ポイントの安全性が疑わしい、ということにすぐにはならないだろう。でも、日本のように自然災害から被害を受けることは無い、とは言えないとも思う。

 先週、発電所内見学ツアーで訪れたサイズウェルB原子力発電所

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2748.html

 ツアー中に聞いた話、そしてヒンクリィ・ポイントCついての報道を読んで考えていること。それは、発電所内で働く人達は、多少の差はあれども、「安全性」を確保しながら自分たちの仕事を全うする。発電所の外に居る人達、つまり政治家や企業にとって最も重要なのは、「政治的駆け引き」で勝ち抜くこと。

 ヒンクリィ・ポイント、遠いけど、観に行きたいな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.