LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ウィリアム・タケットの「くるみ割り人形」、資金難でキャンセル

2016.11.21
AC.jpg
(ドロッセルマイヤーを演じる予定だったアダム・クーパー

今年の年末のダンス公演で、とても楽しみにしていたウィリアム・タケット演出の「くるみ割り人形」が、充分な至近を得られずに、1回だけ試験上演したあと、無期延期(と思いたい)になってしまった。

http://www.immersivenutcracker.com/

Rhizome Entertainment today announced that Will Tuckett's Nutcracker will no longer receive its premiere this year. Due to open at The Printworks London in Canada Water on 30th November, the production has stalled due to funds from an investor falling through.

Producer Bob Watts said:

"It is with enormous regret that we are having to put the production on hold, but our efforts to find a new investor at short notice in this current climate have sadly proven unsuccessful.

"It was a huge privilege to see Will Tuckett's vision come to life - his Nutcracker was shaping up to be an extraordinary experience. I hope it will come to a London audience soon".


A leap too far: Will Tuckett on why his Nutcracker won't go on
https://www.theguardian.com/stage/2016/nov/21/will-tuckett-nutcracker-ballet-cancelled

 タケットの演出では、「くるみ割り人形」の舞台に観客が参加できるもの、ということ。仮にこの新しい「くるみ」が、ロイヤル・オペラ・ハウスの、現在、大規模改修工事中のリンベリィ・スタジオ劇場でということだったら、資金の心配などなかっただろう。

 ということで、10月中旬以降円安傾向とはいえ、今でも英£に対してJP¥はまだ強いので、日本の企業がこれを救ってくれたら。日産の工場をサンダーランドに引き止めておきたいイギリス政府との密約がばれてしまい、「何故、日本企業だけ」との批判を和らげる為にも、是非、日本からの資金を。欧州連合離脱でぼろぼろの国内市場からの資金調達はほぼ不可能だろう。

 参考までに、これまで観てきたタケットの舞台の感想。

The Wind in the Willows
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-243.html (2003年)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1829.html (2012年)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1844.html (2013年)

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2124.html (2014年)

兵士の物語
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-302.html (2004年)

ピノッキオ
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-424.html (2005年)

The Thief of Baghdad
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-969.html (2009年)

 他にロイヤル・バレエに振付けた「七つの大罪」他、幾つかの振り付けを大きな舞台でも観ているが、タケットの作品は中規模の劇場で上演される作品の方が、個人的には楽しめる。

 資金繰りがついて、上演されることを切望する。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.