LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ロンドンの濡れ落ち葉(本物)は世界最強だった:地下鉄網の混乱

2016.12.02
先週末くらいから、ピカデリィ・ラインが混乱していることには何となく気づいていた。今週前半、ロンドン交通局の情報で朝のラッシュ・アワーの混乱ぶりを友人が教えてくれた。そして、水曜日、昨日の木曜日には、ロンドンの夕刊新聞紙のイヴニング・スタンダードのトップ記事は、幾つかの主要駅が混雑をさばききれずに閉鎖されたというニュース。その混乱を惹き起した原因の一つが、落ち葉によってピカデリィ・ラインの車両の車輪が摩耗して交換しなければならなくなり、間引き運転になってしまっているからというもの。

Piccadilly Line delays: Tube chaos to continue for days as half of trains taken out of service
http://www.standard.co.uk/news/transport/piccadilly-line-delays-tube-chaos-to-continue-for-days-as-half-of-trains-taken-out-of-service-a3404646.html

Passengers fear delays and cancellations on the Piccadilly Line could last for days as work continues to fix faulty wheels caused by wet leaves.

 技術者ではない僕には、濡れた落ち葉と車輪の間で起こる摩擦の衝撃がどれほどのものかは想像できない。また、ピカデリィ・ラインが未だに古い車両を使用していることも原因の一つだろう。
 
 しかし、今は21世紀。何度このような事態を繰り返せば学習できるのだろう?技術を改良しなければと思うようになるのだろう?労働組合は、来週、ピカデリィ・ラインでのストライキを計画している。今回引用した記事を読む前は、社会が不透明な時代に向かっている時にストライキを実行しても、利用者からの支持は得られないのではないかと思った。しかし、車両を運転する自分の安全だけでなく、乗客の生命を危険に晒すような状況が改善されなければ、当然かな。

 冬休みでロンドンに来られる予定の人への助言。

 地図は必須

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.