LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

The Red Shoes by マシュー・ボーン@サドラーズ

2016.12.27
スクリーンショット 2016-12-27 14.00.15
(2016年7月、サドラーズ・ウェルズ劇場)

サドラーズ・ウェルズ劇場での本公演初日の12月8日に、マシュー・ボーンの新作、「The Red Shoes」を観てきた。

The Red Shoes — Matthew Bourne/New Adventures
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2016/matthew-bournes-production-of-the-red-shoes/

A beloved fairy tale and Academy Award-winning movie, The Red Shoes has seduced audiences and inspired generations of dancers with its tale of obsession, possession and one girl's dream to be the greatest dancer in the world. Victoria Page lives to dance but her ambitions become a battleground between the two men who inspire her passion.

Matthew Bourne’s magical adaptation is set to a new score arranged by Terry Davies using the mesmerising music of golden-age Hollywood composer, Bernard Herrmann (most famous for his collaborations with Alfred Hitchcock and Orson Welles) and played live by the New Adventures Orchestra, with sumptuous set and costume designs by Lez Brotherston, Paule Constable (lighting) and Paul Groothuis (sound).

An intoxicating drama where life imitates art with fateful consequences; The Red Shoes will dazzle your senses and break your heart.


 僕はマシュー・ボーンの大ファンではないし、また映画を見たことはない。しかし、これまで観てきたボーンの作品の中では細部にわたってとても練り込まれた最良の舞台だった。

 サドラーズ内の興奮も凄かった。開演前、観客がこれから観る舞台への興奮を抑えきれずに語り合う声が心地よいほど響きあい、サドラーズ内があれほど熱い興奮に包まれた夜は久しぶりだった。

 第1幕の終わり方は秀逸。また、バレエ・リュスの関係者が映画にでていることを知らなかったので、当時のバレエが別の次元へと発展を遂げる興奮も感じられて、ボーンがどれほど丹念に作り上げたかに感心した。舞台の内容に影響をしないネタバレを一つ。

Wilson, Keppel & Betty

https://www.youtube.com/watch?v=srLc6dTsewM

 開演前にセルゲイ・ポルーニンが一人で居たので、機会を逃さずに話してみた。どれほど不遜なのだろうと思っていたら、話しかけたらとても好青年。会場に居た舞台関係者の多くが彼と話したかったようで落ち着いて訊けなかったが、年末、ミュンヘンでの「スパルタカス」への出演は楽しみとのことだった。また、来年3月にサドラーズで上演「予定」の彼のソロ・プログラムでは、半分以上の振り付けが新作になるらしい。ラッセル・マリファントやアクラム・カーンなのかと訊いたら、彼らには依頼していないと言っていたが、まだ言えないのだろう。

http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/project-polunin/

 終演後のパトロン・イヴニングの会場で、多くの人が気づく前に、ボーンに幾つか質問できた。中でも印象に残ったのは、彼だけでなく、彼の両親がどれほど映画の「レッド・シューズ」を好きだったか、当時のダンスの発展の勢いへの尽きない興味が今回の新作を作る強い動機だったかを、見ず知らずのダンス・ファンに丁寧に話してくれた。

 サドラーズでの上演はほぼ完売。たまにリターンがでる様なので、買い逃した人はこまめに確認するといいだろう。また、2月から7月までのイギリス公演の情報はこちらを。

http://new-adventures.net/the-red-shoes/tour-dates

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.