LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

原子力産業が生み出す地域内経済格差:セラフィールド、そして日本企業

2016.12.27
先週、イングランド北西部、カンブリア地方の選挙区の一つ、Copeland選出の労働党下院議員が、突然、辞職した。

Corbyn critic quits as Labour MP, triggering tight byelection race
https://www.theguardian.com/politics/2016/dec/21/corbyn-critic-jamie-reed-quits-labour-mp-byelection-copeland

 コープランド選挙区は以下の地図に。

Copeland.jpg

 地図だけではどこだろうと思う人はいるだろう。地図を良く見ると、ウィンダミア等のよく知られた地名があるのでわかるだろう。湖水地方の隣になる。地図にはでていないが、ランカシャーのランカスター駅からカーライルを結ぶ地方鉄道があり、確か一日4便、片道4時間の旅のはず。

 それで?、と思う人の方が大半だろう。労働党が長年維持してきた選挙区とのことだが、過去数週間にあった2回の補選で労働党は2連敗、しかも惨敗。ジェレミィ・コービンが、政治家として一体何を成し遂げたいのか全く判らない状況では、労働党は良くて辛勝、が、大方の予想は議席を失うと観ているように感じる。

 選挙区の名前がコープランドと知ることができたこと、また今回の辞職、補選と続く政治的なことよりずっと興味を惹かれるのは、東芝が参画することで話題になっている新しい原子力発電所計画地が選挙区内にある事実、そしてセラフィールド。

セラフィールド
http://www.sellafieldsites.com/

ムーアサイド原子力発電所
https://en.wikipedia.org/wiki/Moorside_Nuclear_Power_Station

 今朝のガーディアンに掲載された記事がとても興味深い。

Copeland byelection: 'We are a community of two halves'
https://www.theguardian.com/uk-news/2016/dec/26/copeland-byelection-we-are-a-community-of-two-halves

One of the biggest and most remote in England, Copeland covers 470 sq miles and takes in Keswick and the western Lake District fells, as well as 32 miles of Cumbrian coast, from Millom up to Whitehaven.

On paper, its inhabitants enjoy the third highest salaries in the UK – £721 a week, second only to the City of London and Tower Hamlets, according to the Office for National Statistics in 2015.

But visit Whitehaven, the largest town in the constituency, and the wealth is not obvious. Cafes advertise full Christmas dinners for a fiver and a few miles out of town is the Woodhouse estate, which is within the 3% most deprived wards nationally, where a three-bed terrace still costs just £60,000.

The reason for this disparity lies behind a big fence on a two sq mile site by the coastal village of Seascale: Sellafield, a nuclear fuel reprocessing and nuclear decommissioning site where the Windscale nuclear power station once stood. About 10,000 people are directly employed there, with thousands more in the supply chain, many in highly skilled engineering and scientific jobs.

A further 6,000 are due to be employed in the construction of the Moorside nuclear power station, which is to be built next door in the next 10 years. NuGen, the Japanese-backed company behind the project, says Moorside will bring at least £20bn investment into the UK. “It is an unprecedented opportunity for this part of the world to become the fastest growing part of the UK economy,” said Reed, who is quitting politics for a role as head of development and community relations at Sellafield.


We are a community of two halves,” says Pat Graham, the managing director of Copeland borough council. “As a proportion of our workforce we have got more PhDs per head of population in Copeland than anywhere else in the UK. We have the nuclear-related wealth, which captures the highly skilled and the affluent and the upwardly mobile. But we also have those people who don’t have the ability to access nuclear, so therefore we have the extremes of really attractive, beautiful Lakeland places and poverty and all the challenges that come with deprivation.”

 記事の後半は欧州連合離脱を巡る地元感情の分析になる。個人的に強く興味を惹かれたのは前半の統計が描き出す地域内の大きな格差。

 コープランド選挙区内の給与平均は、全国第三位の高水準。また、一人当たりの住人に占める「博士号」取得者数はおそらくイギリス国内で最も高い割合であろうとのこと。この事実は、使用済み核燃料処理のセラフィールド社、そしてセラフィールドからそれほど離れていない場所に建設が計画されているムーアサイド原子力発電所がもたらず経済の活況によるものであると。しかし、その経済効果がもともと地元で暮らす人達へどのように還元されているのか、また、還元しようとする意志があるのかは不明。

 北欧各国やポルトガルからは、再生エネルギーによる国内で利用されるエネルギーを賄うという報道が徐々にだが増えテイル。他方、イギリス国内では、次々に新しい原子力発電所の計画。その計画に中国資本、日本企業の名前が上がるのがまた興味深い。

アーンサイド(南部カンブリア、鉄道路線はイングランド内の美しい路線の一つに選ばれたことがある)
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1994.html

サイズウェルB原子力発電所見学
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2748.html

セラフィールド by Kraftwerk
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/8451885387/in/album-72157632707980377/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157632707980377/with/8451885387/

 イギリス国内の原子力発電所建設計画、ますます、国際政治の駆け引きの場になっていくように思う。

[追記:12月28日]
東芝の株価急落はイギリスでも報道された。

Toshiba shares fall 20% as nuclear writedown sinks in
https://www.theguardian.com/business/2016/dec/28/toshiba-shares-fall-20-as-nuclear-writedown-sinks-in


関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.