LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

霧のロンドンは、大気汚染か、天気の気まぐれか

2016.12.31
スクリーンショット 2016-12-31 6.40.01
(2016年12月30日、午後6時過ぎ)

アルバム(4枚だけだが)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157676845038371

「霧のロンドン」の言われるようになった要因の一つは、産業革命による大気汚染と言われている。現在のロンドンの大気汚染は、少なくとも、西ヨーロッパの中では最悪との判断が下されているので、大気汚染の影響が死亡原因の一つになっているのは昔と変わらないのかもしれない。

Make central London diesel-free to solve air pollution crisis – report
https://www.theguardian.com/environment/2016/nov/02/make-central-london-diesel-free-to-solve-air-pollution-crisis-report

 「霧のロンドン」、年に2回くらいが普通だと思っている。それほど稀なことだが今でも、驚くほど多くの人が、「霧の」ロンドンを期待している。

 ところが、2016年の12月はかなり霧の日が多い。既に少なくとも4回。徒歩の移動や、地下鉄を利用するにはさほど大きな影響はないが、飛行機のキャンセル等で空の移動はかなり被害を受けている様だ。

Freezing fog cancels Heathrow and Gatwick flights
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-38472135

 多くの人々が、安寧な年末・年始を過ごすことができることを祈りつつ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.