LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

世界は肥満でうまっていく

2017.01.04
自戒をこめて。

 大本のデイタは2016年の夏に発表されたもの。ガーディアンは1975年以降、世界で急速に、そして確実伊肥満が蔓延しているかの記事を掲載した。

How the world got fat: a visualisation of global obesity over 40 years
https://www.theguardian.com/global-development-professionals-network/2017/jan/03/using-data-visualisations-to-help-explain-the-global-obesity-explosion

How fat we were in 1975

How fat we were in 2014

 この統計が正確なのであれば、日本は国内で暮らしている人が心配しているほど肥満が蔓延している訳ではないようだ。

Japan is also near the bottom with a 2% increase since 1975 (from 1.1% to 3.3%). The largest changes occurred in smaller Pacific island countries. Samoa, Tonga, and Tuvalu all saw their obesity rates increase by more than 20%, a doubling of what they were in 1975.

Perhaps the country that stands out most of all is China. In 1975, only 0.5% of Chinese adults were obese. Today, China’s obesity rate is about 8%, a 16-fold increase in the most populous country in the world.


 食生活と健康についてのんびりと調べているので、日本で肥満が少ないのは本当に食生活が理由なのか、それとも他の要因があるのか興味を惹かれる。

 「腹八分目」という日本語が世界に広まれば良いのにと思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.