LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

The Roches

2017.02.25
Roches.jpg
Rochesのファースト・アルバム)

このブログに迷い込んでしまった人達が知っているとは思えないRoches。この姉妹三人組の長姉が亡くなったそうだ。

Maggie Roche obituary
https://www.theguardian.com/music/2017/feb/02/maggie-roche-obituary

Maggie Roche, who has died aged 65, was the eldest of the trio of singing sisters the Roches, whose songs bridged the gap between American folk and pop styles. Maggie brought her low alto voice to the harmonies she wove with her sisters, Terre and Suzzy, in her quirky, often funny but always heartfelt songs.

 彼女達の音楽は全く覚えていないが、ファースト・アルバムを初めて聴くとき、とてもわくわくしていたな。文化九州に忙しかった年齢の頃に出会った音楽家は、そろそろ鬼籍に入る年齢になってきているんだな。

 最近のポップス・ロックには全く追いつけず、追いつこうとも思わないが、初めて、エド・シーランの音楽に親しみを持てた。

Ed Sheeran - Castle On The Hill [Official Lyric Video]

https://www.youtube.com/watch?v=7Qp5vcuMIlk

 基本、フォーク音楽は好きだ。今、聴きたいのは、しみじみ噛み締められるプロテスト・ソング。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(4)   ↑Top

Comment

- Vermeer

ジョシュア・ファリスという米男子フィギュアスケーターが、エド・シーランの“Give Me Love”を使って素晴しい世界を作っていました。音を細かく拾った振り付けと表現したい事がマッチし、4回転ジャンプのない構成ですが、観ていて非常に胸を打たれるものがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=N9-MPN_DyHo
2017.02.27 Mon 10:36 URL [ Edit ]

- 守屋

Vermeer さん

 映像を教えて頂き、ありがとうございます。仰るように、演技と音楽が巧く融合していて見応えがありますね。ビールマン・スピン(という表現が今でもあるのか判りませんが)の変形のような回転をしながら能く身体のバランスが保てるものだと感心しました。
2017.02.28 Tue 06:39 URL [ Edit ]

フィギュア・スケート - Vermeer

この一曲のためにエド・シーランの1stアルバム購入しちゃいました。万年同じレパートリーの繰り返しをしているフィギュア界ですが、時々非クラシックの選曲できらっと光るプログラムがあります。

この選手はスピンが得意(ご指摘の印象的なスピンは、フライング・キャメル・スピンの変形で、途中で足をキャッチする体型を上から俯瞰するイメージから“ドーナツ・スピン”と通称されています。彼のこのポジション維持は独創的で高難度、と解説者も言っているような…。ビールマンはレイバック・スピンで足をキャッチする変形)。ジャンプはあまり得意でない彼ですが、男子でトップを目指すには4回転が必須で、昨年その練習中に転倒⇒脳振盪を繰り返し一旦競技から引退しました。経過が良くて再び戻るようですが。ただ、3~4種類の4回転を複数回成功させないと優勝争いに関われない、空前の時代に昨今は入ってきました。
2017.02.28 Tue 09:57 URL [ Edit ]

- 守屋

Vermeer さん

 素晴らしい技術はもちろん美しいですが、叙情に溢れた演技を披露することも生半な努力では成立しないですよね。

 4回転で真っ先に思い浮かべるのは、川原泉さんの「銀のロマンティック…わはは」です。
2017.02.28 Tue 20:53 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.