LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

コードネイム:ロンドン・ブリッジが落ちるとき

2017.03.16
大手報道機関は、自国の有力政治家、王室があれば主要メンバー、また著名な芸術等の訃報記事を、急な状況に対応できるように生前に準備を始め、定期的に編集する。今日、2017年3月16日、ガーディアン紙が意欲的、もしくは挑発的なのかもしれない、エリザベス女王がイギリスが欧州連合を離脱する為のアーティクル50を発動する法律に署名したその日に、エリザベス女王が亡くなったとしたら、どのような対応がとられるのかというとても長い記事を掲載した。

Operation London Bridge: the secret plan for the days after the Queen’s death
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/16/what-happens-when-queen-elizabeth-dies-london-bridge

She is venerated around the world. She has outlasted 12 US presidents. She stands for stability and order. But her kingdom is in turmoil, and her subjects are in denial that her reign will ever end. That’s why the palace has a plan.

 最初のこの部分に短く、且つ的確に書かれているように、今のイギリス国内政治の混乱の心理的影響があるのだろう、なんだか、多くの人がエリザベス女王がまるで永遠に女王として存在するという夢を見続けていたいと願っているように感じる。だから、昨年のクリスマス、そして2017年になってもしばらく女王が体調不良で公の場に出てこられなかった時、報道機関もまたその夢が覚めてしまうのが怖いかのように思えるほど、女王の体調に関する報道は少なかった。

 通常よりもずっと長いので半分しか読んでいないが、とても、とても面白い。

All news organisations will scramble to get films on air and obituaries online. At the Guardian, the deputy editor has a list of prepared stories pinned to his wall. The Times is said to have 11 days of coverage ready to go. At Sky News and ITN, which for years rehearsed the death of the Queen substituting the name “Mrs Robinson”, calls will go out to royal experts who have already signed contracts to speak exclusively on those channels. “I am going to be sitting outside the doors of the Abbey on a hugely enlarged trestle table commentating to 300 million Americans about this,” one told me.

The main reason for rehearsals is to have words that are roughly approximate to the moment. “It is with the greatest sorrow that we make the following announcement,” said John Snagge, the BBC presenter who informed the world of the death of George VI. (The news was repeated seven times, every 15 minutes, and then the BBC went silent for five hours). According to one former head of BBC news, a very similar set of words will be used for the Queen. The rehearsals for her are different to the other members of the family, he explained. People become upset, and contemplate the unthinkable oddness of her absence. “She is the only monarch that most of us have ever known,” he said. The royal standard will appear on the screen. The national anthem will play. You will remember where you were.


 先の王が亡くなってから60年以上、イギリスの君主は亡くなっていない。実際には、「ロンドン・ブリッジが落ちた」というのは変更されるように思うが、その時から始まる混乱、悲しみ、喪失等々の想いは強大であり、強力だろう。イギリスという国全体がもはや過去の栄光など無くなっているという現実を否定し続けて守ってきた「大英帝国」というブランドが、ついに崩壊するのかなと思う。

 チャールズ皇太子が王位に就くのは、「王室」という組織のある役職に昇進するだけだから、システム上は問題ないだろう。王室の中でこそ、将来のプランはしっかりと練り上げられていると思う。反面、この「現実」が起きる事実を否定している国と多くの国民は、自分たちで抱えきれない無自覚な怒りの矛先を、チャールズ皇太子に向けるのかな。

 欧州連合からの離脱を女王がどう考えているかを、知りたい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.