LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

そして欧州人は誰もいなくなった:イギリスから去っていく看護婦達

2017.03.19
スケアモンガーといわれても気にしない。

 昨日のガーディアンに、最近、日常生活でも感じている、EU諸国からイギリスに移住してきた人達の帰国が加速していることを強調することが報道された。

Record numbers of EU nurses quit NHS
https://www.theguardian.com/society/2017/mar/18/nhs-eu-nurses-quit-record-numbers

The number of EU nationals registering as nurses in England has dropped by 92% since the Brexit referendum in June, and a record number are quitting the NHS, it can be revealed.

“The government risks turning off the supply of qualified nurses from around the world at the very moment the health service is in a staffing crisis like never before,” she said. “As she pulls the trigger to begin negotiations, the prime minister must tell EU nurses and those in other occupations that they are needed and welcome in the NHS. Sadly, it is no surprise that EU staff are leaving – they have been offered no security or reassurance that they will be able to keep their jobs. Few are able to live with such uncertainty.


Joan Pons Laplana, a Spanish national and a senior nurse at the James Paget Hospital in Great Yarmouth, who came to the UK 17 years ago, told the Observer that he had personally witnessed the collapse in morale of foreign nurses.

“Since Brexit,
I feel like a second-class citizen,” he said. “My son asked me if I was going to be forced back to Spain and my daughter doesn’t want to visit her grandparents because she fears I will not be able to come back.

“The UK is no longer the first choice for EU nurses. The uncertain future means many they are starting to leave. We are people with feelings, not a commodity at the Brexit table.”

The NHS is already under pressure because of a long-term failure to hire enough people. Applications for nursing courses plummeted by almost a quarter in a year after the government axed bursaries for trainees in 2016. Numbers fell by 9,990 to 33,810 in 12 months, according to figures released in February by the university admissions service Ucas. Meanwhile, one in three nurses is due to retire in the next 10 years and there are 24,000 nurse jobs unfilled, RCN figures show.


 引用した部分で強調したように、メイ政権が交渉のカードの一つとして欧州からの移民をまるで物のように扱う態度、そしてこれから先数年、短くても2年の間、自分たちの生活基盤が全く保証されないままの生活を望む専門職は多くはないだろう。

 現在住んで居るフラットの真上のフラットには、過去3年ほど、ポーランド人家族が住んでいる。彼らの前に住んでいたある「スタン・カントリィー」からの家族とは真逆の、まるで聖人のような素晴らしい隣人。20年住んで、ということはポーランドが欧州連合に正式に加盟する前から「外国人」として暮らしてきた彼らは、永住帰国を決めた。ポーランドだって完璧に素晴らしい国ではないが、政治家に振り回されて不安を抱えながら暮らすのに疲れたそうだ。不満は国民投票の前から抱えていた様だが、国民投票の結果、そしてそのあとの欧州からの移民への冷たい仕打ちに愛想が尽きたということなのか。

 専門職で働いていた欧州からの移民が去っても、世界にはたくさんの人々がイギリスに来たがると保守党はうそぶくかもしれない。しかし、新たに雇用する人達の身元調査は複雑さを増し、スポンサーとなる企業は就労ヴィザの条件を満たす為に賃金を上昇させなければならなくなるだろう。

 オフィスのそばのイタリアン・デリでここ数年働く、ちゃきちゃきした女性マネイジャーと久しぶりに会ったとき、デリのスタッフの顔ぶれが急激に変わっている理由を尋ねた。理由は、全く驚かないが、欧州連合出身の若者達が、イギリスでの就職に見切りを付けて一人、また一人と帰国している。そして、その後がまを補充できないと。彼女はグアテマラ出身で僕同様既に永住権を持っているので就労に関する心配はない様だ。

 「イギリス人がこんな仕事をしたがると思う?」

 「全く、思わない(断言、即答)」。

 「このデリの顧客の多くは周辺の住人か、オフィスで働く人達。彼らが、やっと顔なじみになったウェイターが居なくなって私に訊いて来るんだけど、私がどうこうできることではないから。今は、この混乱がどんな結果になるかを見極めたくて楽しみだわ」、と。全く同じ意見。

 自虐であることは承知の上で、欧州連合を離脱して舵を失うイギリスの行方を、イギリス国内でしっかりと体験したいと思う最近。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.