LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

トリプル・ビル:イングリッシュ・ナショナル・バレエ@サドラーズ・ウェルズ

2017.04.13
33610338745_ee8637c2e1_z.jpg

先月、サドラーズ・ウェルズ劇場で、イングリッシュ・ナショナル・バレエによる意欲的なトリプル・ビルが上演された。演目は順に、「In the Middle, Somewhat Elevated by William Forsythe」、「Adagio Hammerklavier by Hans van Manen」、そして「Le Sacre du printemps (The Rite of Spring) by Pina Bausch」。

English National Ballet — Pina Bausch / William Forsythe / Hans van Manen
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2017/pina-bausch-william-forsythe-hans-van-manen/

Sadler’s Wells Associate Company English National Ballet is back with another triple bill of masterpieces from the 20th century.

Not seen in the UK since 2008, English National Ballet is the first UK company to be allowed to perform Pina Bausch’s iconic Le Sacre du printemps (The Rite of Spring). Stravinsky’s riotous score is performed live by English National Ballet Philharmonic.

William Forsythe famously changed ballet forever with In the Middle, Somewhat Elevated, allowing the dancers to show off their technical expertise and physical prowess.

Hans van Manen’s austere and lyrical Adagio Hammerklavier is set to Beethoven’s pensive piano Sonata No 29, Op 106, performed by three couples.


写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157678836195194

 まず特筆すべきは、タマラ・ロホの素晴らしい企画力。このトリプル・ビルが上演される時、イングリッシュ・ナショナル・バレエがこの3作品を一晩踊れるほどのダンサーを擁しているとは思えなかった。しかし、終わってみれば上演順の妙が冴えている。まずフォーサイスでスピードを強調。続いてファン・マーネンの叙情にため息をつき、春の祭典で息を飲む。

 バウシュの「祭典」は二度目、イン・ザ・ミドルは何度目だろうということで作品から改めて衝撃を受けることはなかった。そして、ENB、本当に素晴らしい。作品に目を奪われたのは、ファン・マーネン。彼の作品を観るのはおそらく初めてだったと思う。来シーズン、オランダ国立バレエでは彼の作品がたくさん上演されるらしい。

Check out the new season of Dutch National Ballet

https://www.youtube.com/watch?v=ZE2fh_iLRwI

 ENB、もうすぐ東京公演。どうしてアクラム・カーンの「ジゼル」を持っていかないのだろう。「海賊」も「コッペリア」も素晴らしい演目だが、「今」のカンパニィの勢いを見せるのは「ジゼル」が一番だと思う。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2783.html

 9月のサドラーズでの再演、すでに完売。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.