LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Revolution: Russian Art 1917-1932:芸術家も絵筆で政治に対峙することを考える

2017.04.17
drboloktqselthidswos.jpeg
ロイヤル・アカデミィのサイトから無断拝借。The Bolshevik by Boris Kutodiev, 1920

会期最終日、なんとか時間を作ってロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツの特別展、「Revolution: Russian Art 1917-1932」を観た。見逃さなくてよかった。ボリス・ジョンソンがロシアとの関係を悪化させているから、会期終了前に打ち切りになんてならないように願っていた。

Revolution: Russian Art 1917–1932
https://www.royalacademy.org.uk/exhibition/revolution-russian-art

Renowned artists including Kandinsky, Malevich, Chagall and Rodchenko were among those to live through the fateful events of 1917, which ended centuries of Tsarist rule and shook Russian society to its foundations.

Amidst the tumult, the arts thrived as debates swirled over what form a new “people’s” art should take. But the optimism was not to last: by the end of 1932, Stalin’s brutal suppression had drawn the curtain down on creative freedom.

Taking inspiration from a remarkable exhibition shown in Russia just before Stalin’s clampdown, we will mark the historic centenary by focusing on the 15-year period between 1917 and 1932 when possibilities initially seemed limitless and Russian art flourished across every medium.

This far-ranging exhibition will – for the first time – survey the entire artistic landscape of post-Revolutionary Russia, encompassing Kandinsky’s boldly innovative compositions, the dynamic abstractions of Malevich and the Suprematists, and the emergence of Socialist Realism, which would come to define Communist art as the only style accepted by the regime.

We will also include photography, sculpture, filmmaking by pioneers such as Eisenstein, and evocative propaganda posters from what was a golden era for graphic design. The human experience will be brought to life with a full-scale recreation of an apartment designed for communal living, and with everyday objects ranging from ration coupons and textiles to brilliantly original Soviet porcelain.

Revolutionary in their own right, together these works capture both the idealistic aspirations and the harsh reality of the Revolution and its aftermath.


 ロシア革命当時のソヴィエト国内では、少なくとも、絵画の技術レヴェルは、具象、抽象、アヴァンギャルドの全てにおいて、すでにいまの時代の作品としても通用する高いレヴェルであることがわかる。

 美術史の本流ではありえない見方だろうし、また、この展示の趣旨を考えれば当然なのかもしれないが、個人的にとても興味を惹かれたのは、「自然」を描いた絵画が全体で2作品だけだった。ボルシェヴィキの方針で農民は工場労働者と同じ地位にあることを強調するために描かれた収穫の場を描いた作品もあるのだが、農地は人間の手が入った人工のもの。自然の独自性、美しさ、強さをソヴィエト革命は嫌ったのだろうかと。でも、革命ってそんなものだと思う。革命(というか、ほぼ暴力)の明確な犠牲は人命だが、その陰で同じくらい破壊尽くされるのは「自然」。

 レーニンがなくなり、その後を引き継いだスターリンにより、革命が始まった頃は受け入れられていたアヴァンギャルドは駆逐される。会場の後半で流れていた「共産主義」のプロバガンダ映像を見ていたら、今のイギリス、アメリカ、日本、トルコは同じ道を進んでいるとしか思えなかった。この4カ国だけではないが、国を牛耳る政治家が「全体主義」、言い換えると「管理主義」に走り出すとき、国民は顧みられなくなるのは時代を超えて同じに見える。

 ちょっとそれるが、2008年のあるポスト。

スペインの赤い貴婦人:The Duchess of Medina Sidonia
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-763.html

If she lived in a Communist state, "I would have to accept a whole series of things I don't accept: the loss of freedom of expression, of press, of gathering - precisely the deprivations against which I'm fighting in my own country."

"If I had been born in a free country, I would not have been interested in politics."


 会場で絵を見ながらもう一つ考えていたこと、望んだこと。今、イギリスの欧州連合離脱、予測不可能のアメリカ政府、戦争したくてたまらない政治家の声しか通らない日本、独裁を選んだトルコ等々、世界は1917年以上の混乱の時代を迎えている。そのような時代だからこそ、美術家、芸術家にもっと作品で社会へ声をあげてほしい。それが権力への賛同なのか、反対なのかまで僕がどうこう言えることではない。ただ、社会の変化を、芸術家という特異な立ち位置から社会へ発信してほしい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.