LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

イングランドとウェイルズの旧£5ー紙幣、5月5日で取り扱い終了

2017.05.04
5381.jpeg
(ガーディアンから無断拝借)

新しい£5紙幣が流通して数ヶ月、いつかは終わるんだろうなと考えていた紙の5ポンド紙幣の公式な流通は明日、2017年5月5日で終了するとのこと。

Still got a paper fiver in your wallet? Well you should spend it now!
https://www.theguardian.com/money/2017/apr/29/old-paper-five-pound-note-end-date-may

Bye bye paper fivers: shops to stop accepting old £5 notes
https://www.theguardian.com/business/2017/may/04/goodbye-paper-fivers-shops-stop-accepting-old-notes

On 5 May they lose their legal tender status, and after that retailers and the public no longer have to accept them as payment or in change.

“Some retailers, banks and building societies may continue to accept paper £5 notes for a short period of time after withdrawal. However, this is at the discretion of the individual organisation,” says the Bank.

There are probably quite a few knocking about – as recently as the start of April there were still 160m of them in wallets, purses, pockets and money boxes.


 明日、2017年5月5日以降、イングランド中央銀行発行の紙の5ポンド紙幣は、客が使おうとしても、店や一般の銀行では受け取りを拒否できる。しばらくの間は店によっては受け付けるかもしれないとのことだが、拒否されてもそれは間違いではない。

 5月5日以降、額面の£5の価値がなくなるわけではないが、交換は面倒。

The good news is that all Bank of England notes retain their face value “for all time”.

If you can’t find anyone who will accept your notes, they can be taken to a Post Office or exchanged with the Bank of England in London, either by post or in person. This service is free of charge. The address is: Department NEX, Bank of England, Threadneedle Street, London EC2R 8AH. If you are doing it by post, there is a form to fill in first.


 5月6日こう、古い紙幣を新しい紙幣に交換するには、公式な郵便局、もしくはイングランド中央銀行へ直接持ち込むか、郵送で交換できるそうだ。

 以前イギリスを訪れ、古い£5紙幣が手元にあっても、次回のイギリス訪問では法的に使えない、ということは覚えておいたほうがいいだろう。

 それと、混乱に拍車がかかることで、この措置は「イングランド(とウェイルズ)」の£5紙幣であり、スコットランドの£5紙幣はまだ使える。しかし、現実として、スコットランド・ポンド紙幣は特にロンドンでは受け取るのを嫌がる店舗が圧倒的に多い。理由の一つは、一つの国で違うデザインの紙幣が発行されている事実を知らない外国人労働者が多いことが挙げられる。偽紙幣と感じる外国人は結構いると思う。

 さらに、£1硬貨も同じことが、2017年10月15日に発効する。

Quids in: why it’s time to get rid of your £1 coins
https://www.theguardian.com/money/2017/feb/25/get-rid-of-1-pound-coins-new-12-sided-coin

There will be a six-month period when the current and the new coins are in circulation at the same time. During this time both are legal tender and you can use either to make payments. However, the current coins will gradually be withdrawn from the system – it is estimated that by August more than 50% of the £1 coins in our pockets will be the new ones.

The legal tender status of the round £1 coin will be withdrawn on 15 October. From this date shops will no longer accept these coins, but you will still be able to take them to your bank.


関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

外国人労働者でなく生粋のイングランド人と思われる人が、スコットランド紙幣を見て「なにこれ。」と言います。(笑)
それも国境のすぐ先のヨークシャーとかで。
うちの主人が「お前、それでも英国人かよ。いい機会だから覚えとけ。」と説教してました。
2017.05.16 Tue 09:43 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 色彩もデザインも全く違いますからね。見慣れていないと驚くと思います。スコットランドのみなさんは、イングランドの紙幣には違和感は感じないのでしょうか?
2017.05.16 Tue 16:43 URL [ Edit ]

- ハマちゃん

スコットランドではイングランド紙幣も全く普通に流通してますし誰も拒否なんてしません。
そもそも、中央政府はイングランドでスコットランド紙幣を拒否だとか「何これ」とか言う自体を改善する責任があると思います。
国としてスコットランド紙幣を認めてるのですから。
それが徹底出来ないのであれば、なぜスコットランド紙幣を作ることを許したのか。と思います。
(最初から全国統一の紙幣で通せばいい)
「連合王国」なのですから、中央がそこの権限移譲したからには全国がそれを受け入れる義務があると思うんですよね。
それが難しいと言うのであれば、紙幣は統一した方がいいし、あるいはスコットランド紙幣は今まで通り認めると言うことであれば、学校教育などで徹底して教えるべきなんですよ。
どっちも適当にしてるから現場がおかしくなる。
2017.05.17 Wed 09:41 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

>どっちも適当にしてるから現場がおかしくなる
 この表現は、紙幣だけでなく今のイギリス社会の混乱を表しているかなと。誰も責任をとりたくない、でも、美味しいことは絶対に逃さない、そんな国ですから。

 紙幣に戻ると、僕もどうして一つの国ににもかかわらず、違う紙幣の発行が続いているのかわかりません。歴史的なことだからというのは簡単ですが、単なるノスタルジーだったらやめても誰も困らないと思います。
2017.05.17 Wed 15:54 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.