LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

バルトリ、ジャルスキィ、アンサンブル・アルタセルセ@ウィグモア・ホール

2017.06.25
35380621361_5b5ede9f29_z.jpg
(背後の女性はアンサンブル・アルタセルセのパーカッショニスト)

最近、エンタメに以前のように頻繁に行ける時間がない中で、2016/2017で最も楽しみ、絶対にキャンセルなんてことにならないようにずっと祈っていた、ウィグモア・ホールでのチェチーリア・バルトリフィリップ・ジャルスキィのリサイタル。一生に一度あるかどうかの稀有なリサイタル、ではなかったが歌を聴く幸せ、歌を歌う幸せ、その幸せを舞台と聴衆が分かち合える幸せに満ちた夜だった。

Cecilia Bartoli mezzo-soprano; Philippe Jaroussky countertenor; Ensemble Artaserse
https://wigmore-hall.org.uk/whats-on/cecilia-bartoli-philippe-jaroussky-ensemble-artaserse-201706241930

This exceptional encounter between two stars of bel canto is enhanced by the enduring friendship and strong musical bond between Cecilia Bartoli and Philippe Jaroussky.

Following an acclaimed Giulio Cesare in Salzburg and mutual guest appearances on several of their recording projects, they finally share a concert in company with the virtuoso Ensemble Artaserse, founded by Jaroussky in 2003.



Claudio Monteverdi (1567-1643)
Orfeo
Toccata
Prologo : La Musica
Francesco Cavalli (1602-1676)
Ercole amante
Sinfonia
Elena
Ecco l'idolo mio...Mio diletto
Claudio Monteverdi
Quel sguardo sdegnosetto
Francesco Cavalli
Xerse
Ombra mai fu
Claudio Monteverdi
Damigella tutta bella
Giovanni Pandolfi Mealli (1630-1670)
6 sonate per chiesa e camera Op. 4 No. 4
Sonata 'La Biancuccia'
Agostino Steffani (1654-1728)
Niobe, regina di Tebe
Amami, e vederai
Francesco Cavalli
Eliogabalo
Lamento d'Alessandro 'Io resto solo?...Misero, così va'
Marco Uccellini (1603-1680)
Battaglia
Agostino Steffani
I trionfi del fato
Combatton quest'alma
Interval
Francesco Cavalli
Eliogabalo
Ouverture
Erismena
Lamento d'Idraspe 'Uscitemi dal cor'
Claudio Monteverdi
Lidia spina del mio core
Giovanni Legrenzi (1626-1690)
Sonata 'La Spilimberga' Op. 2 No. 2
Adagio
Claudio Monteverdi
Sí dolce è’l tormento
Francesco Cavalli
Xerse
La bellezza e un don fugace
Marco Uccellini
Sinfonia
Agostino Steffani
Niobe, regina di Tebe
All'impero divino...T'abbraccio mia diva
Tassilone
A facile vittoria
Biagio Marini (1594-1663)
Passacaglia
Claudio Monteverdi
Zefiro torna e di soavi accenti


カーテンコールの写真(本人は絶対に満足しないであろうクォリティ)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157685380220316

 歌に集中したかったので、リサイタル中はプログラムを開かなかった。なので、どのアリアをどちらが歌ったのかは半全然としない。アリアはモンテヴェルディ、カヴァッリ、ステファニのオペラから。

 ソロ・リサイタルではないからだろう、コロラチューラ全開となる歌は多くはなかった。しかし、声量が大きくないバルトリの歌をしっかりと聞けるという点では、ウィグモア・ホールは最良だと思う。本人もとてもリラックスした印象のままだったので、楽しんでいたと思う。

 ジャルスキィ、熱心に追っているわけではないが、巧い。昨晩のプログラムの構成は、一人の作曲の一つの作品ではなく、3人の作曲家のいくつかのオペラからアリアを選んだ、「パスティーシュ」と呼ばれるであろう構成(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1669.html)。歌われているアリアの意味は全くわからなかったが、ジャルスキィとバルトリがしっかり演技も加えたことで、単なる歌モノだけのリサイタルではなく、とても楽しめた。

 演奏のアンサンブル・アルタセルセもまた素晴らしかった。特に、コルネットの二人。風貌はあまり威厳を感じさせないややチャラい印象だが、熱い演奏からは、彼らがいなかったらリサイタル全体の印象が弱まってしまったことだろう。昨晩、最も、というか唯一飽きたのは、リード・ヴァイオリニストのソロ・パート。器楽一本やりというのはほぼ引き込まれない。昨晩は二人のコルネット奏者、ハープシコード、ギター他の弦楽器奏者、パーカッショニストもいて普段は聴く機会のないアンサンブルを聞けたのも良かった。
 
 昨晩のチケット代は、ウィグモア・ホールではほとんどありえない価格だった。でも、昨晩のような音楽の喜びにあふれたリサイタルなら、バルトリさんにはバービカンでのリサイタルをやめてもらって、ウィグモア・ホールの専属になってほしい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.