LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

イギリス人のここが嫌いだ:虚偽の病気申請で、払った旅行費用より多い保険金

2017.06.25
イギリスで悲しい事件が起きたのは事実。でも、グレンフェル・タワーの火災は、イギリス国内ではすでに大きな議論、そして責任のなすり合いになっている。建造物の安全性、暮らす人々の安全性を無視しなければ、例え火事が起きたとしてもここまで大きな惨事にはならなかったかもしれない。

 行政が悪いのか、苦しい生活の中で他者を出し抜くことで楽をすることに味をしめたイギリス人が悪いのか。今日のオブザーヴァ紙に、パッケイジ・ツアーでスペインでの休暇を終えたイギリス人が、ホテル滞在時ではなく、帰国してからホテルの食事で体調を崩したとの保険申請をして、スペインのホテル、旅行業界がイギリス人観光客を締め出すことになるかもしれないという議論になっていると。

Brits’ bogus food poisoning claims leave hoteliers crying: ‘¡Basta!’
https://www.theguardian.com/world/2017/jun/24/hotels-compensation-spain-cyprus-bogus-food-poisoning-claims

Two years ago the hotel, popular in Thomson and First Choice brochures, had just a couple of complaints for gastroenteritis (aka Spanish tummy). But last year Miguel was hit by around 200 claims alleging food poisoning. Every single one was from a British holidaymaker, with not a single complaint coming from the Germans or the Dutch. None of the Brits complained to the hotel at the time; all the claims were lodged by UK claims management companies once the holiday-makers returned home.

Inma Benito, president of the Federation of Mallorca Hotel Businesses, said that false claims cost hotels on the Balearic island €50m last year and that cases had soared by 700% since 2015.

Zacharias Ioannides, who heads the island’s association of hoteliers, likened the practice to organised crime, saying it was an exclusively British phenomenon. “It is always after the so-called event and sometimes it can be as long as three years before the bogus compensation claim lands,” he told the Observer from the organisation’s headquarters in Nicosia. “Action must be taken to safeguard the good name of the vast majority of British tourists.

But the problem in Spain is particularly acute. Agents for British claims management companies openly tout for business in Spanish resorts, telling tourists they can claim £3,000 a head with an allegation of food poisoning at an all-inclusive hotel, often following a package trip that cost only £500. Some holidaymakers are told that all the proof they need is a receipt for a packet of Imodium, the diarrhoea-relief medication, from a pharmacist in the resort.

 法律の抜け穴があるからそれを利用しただけ、と保険申請をした人たちは言うだろう。支払った旅行代金よりも多い金額の保険金を旅行が終わってから申請すると言う、Shameless、Disgracefulな態度は、現在のイギリス、少なくともロンドンでは驚くことではなくなっている。

 このようなことは、イギリスだけでなく、クレイマーが跋扈しているような印象が強いままの日本でも起こるかもしれない。

 しかし、現在、暮らしているからこそ感じるのは、イギリスのモラル・スタンダード、坂道を転がるようになんて物ではなく、奈落の底になすすべなく落ちていくという感じだ。

[追記:2017年7月10日]
旅先で食中毒を装った金銭の要求、英政府が対策乗り出す
http://www.bbc.com/japanese/40552750

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.