LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

初夏のイングリッシュ・ガーデン@キュー・ガーデンズ

2017.07.09
午前中に仕事を片付けて、久しぶりにキュー・ガーデンズへ。初夏の花が咲き乱れ、英語で言うところの、まさに「a riot of colour」。最近のイギリスの混乱ぶり、凋落ぶりはこれまで直面しようとしなかった彼らのいい加減さ、真面目になることを罪悪視する傾向が決壊点に達したからだと思っている。イングリッシュ・ガーデンもきっちりしているような、いないような庭ごとの境界が曖昧なことがあるが、キューの夏の庭は、その曖昧に感じる、しかししっかりと考えて作られている美しさに何時間でも居たかった。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157685954620806/

35630184942_910f640ae0_z.jpg

35800132775_e87cdb9215_z.jpg

34990180943_e821a2dc29_z.jpg

35800538945_9a7d0a89a6_z.jpg

35759631886_217e3ef9d6_z.jpg

 今回、学んだことは二つ。昆虫、特に飛び回る蜂を撮影しようとするときは、蜂を追いかけているとシャッター・チャンスがまにあわない。蜂たちが群れる花を見つけたらそれに焦点を合わせて蜂が花に飛び込んでくるのを待つ。でも、そうすると、蜂が来なくなるのはなぜだろう。

 二つ目。枯れかけている、朽ちかけている薔薇を撮るのは、満開の薔薇を撮影するよりもずっと難しい。これは、肖像写真にも通じるかなと。例えば、ケンブリッジ家のプリンスとプリンセスを撮影するのは、女王夫妻の肖像写真を撮影するよりずっと気楽だと思う。

32233222

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233220

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233214

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233210

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


32233212

(c)Koji Moriya 写真素材 PIXTAー


関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.