FC2ブログ

LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ウィリアム・フォーサイスがイングリッシュ・ナショナル・バレエに新作

2017.09.13
今日、ENBから、2018年4月に上演予定のミックス・プログラム、「Voices of America」の案内メイルが届いた。

Voices of America
https://www.ballet.org.uk/production/voices-of-america/

 ミルピエが監督を辞めてウィリアム・フォーサイスもパリ・オペラ座との契約を無しにした(はず)ので、フォーサイスの新作をヨーロッパで観られる可能性なんてないと思っていた。

Robbins / Forsythe / Barton

Jerome Robbins. William Forsythe. Aszure Barton. Three generations of choreographers in New York. Each with a distinct style, but with work infused with the raw, in-your-face attitude of American-style neo-classical ballet.

World premiere: A New Creation by William Forsythe
The world premiere of a new work by one of the most revered choreographers working today, created especially for English National Ballet, this is his first creation for a UK ballet company in over 20 years.

Approximate Sonata 2016, William Forsythe
Originally created in 1996, Forsythe recently reworked this piece for Paris Opera Ballet. A series of pas de deux that deconstruct the classical ballet vocabulary, Approximate Sonata 2016 is accompanied by a new version of the original score by Thom Willems.


 「イン・ザ・ミドル」が素晴らしい出来(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2436.html)だったので、かなり期待できるかな。そして、今回もまた演目の選択が絶妙なのは、ジェローム・ロビンスの「」を持ってくること。

The Cage, Jerome Robbins
Animal desire, predatory instinct and natural selection come together in Robbins’ powerful work, where a female ‘insect’ comes to see the male counterpart as prey. This arresting piece is performed to Stravinsky’s haunting Concerto in D, played live by English National Ballet Philharmonic.


 パリ・オペでは現在、ほとんど踊っていないであろうエトワールのエレオノーラ・アッバニャートがプルミエの頃にこれを踊って凄まじい舞台だったという記事を遥か昔に読んで以来ずっと、観たい、でもロンドンで上演されることなどないだろうと諦めていた振り付け。勝手な想像だが、ロンドンのバレエ・ファンの中でもこれを観たことがある人がは多くないだろう。

 もう一つは、観たけどブログに書かなかったミックス・プログラムの最後に上演されたもので、「長かった」という印象しか残っていない。

 サドラーズでの上演だから、チケット発売は11月。10月中旬、サドラーズで2018年1月から6月に上演されるプログラムが発表になる。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.