FC2ブログ

LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

イギリス人は20年前に戻れる覚悟はできているのか?

2017.09.16
36825035582_66548248d9_z.jpg
https://www.fischers.co.uk/

 日本からの知人と、ある日曜日にオーストリア・コンセプトのレストランで朝ごはんを食べた。週末だし、夏休みの時期とあって、店内は思っていた以上に賑わっていた。このレストランは、早朝から夜遅くまで営業している。このようなレストランの営業形態、僕が渡英した頃にはなかった。

 食事を待っている間に、職業柄、というか興味を掻き立てられて店内を観察。ある家族づれが入ってきたとき。ちょっと高齢に見えるお父さんに、5歳くらいの子供と、プラムを押す母親。その女性は、日曜日の午前10時半くらいだっただろうか、上はとてもシファッショナルブル、かつスポーティな男性用の帽子、足元は膝上のブーツを履いていた。洋服は、遠目にも仕立ての良さそうなものだった。

 即座に思い出したことがある。「大阪豆ゴハン」(http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000002452)の連載の最終盤、259話で安村松林がイタリアン・カフェでバイトをしている。ある日曜日、完璧なヘア・スタイル、シワひとつない洋服を着た女性客同士の会話から、彼女たちは本当に地元に住んでいるのだろうかと疑問に感じる、ほんの数コマ。

 日曜日のマリルボーンは、ファーマーズ・マーケットがあるので朝から賑わっているのは確か。それでも、家族づれでブランチを食べるためにあれほどの着こなしをする人が、かつてのロンドンにいただろうか、と。

 というようなことをブレグジットと合わせた考えていた時に、ガーディアンに以下の記事が掲載された。

A hotel with a view: 'Brexit could tip us over the edge'
https://www.theguardian.com/politics/2017/sep/09/post-brexit-uncertainty-views-from-the-hospitality-industry

 多くの観光客を惹きつけるバースにあるブティック・ホテルへの取材。従業員の半分はイギリス人ではない。ホテルを支えているのは、欧州からの移民労働者。

The Queensberry, a boutique hotel in Bath, has 38 full-time employees, about half of whom are foreign nationals. French, Germans, Lithuanians and Spaniards work in harmony together.

At first when Brexit happened I thought, oh well, I’m Swiss. We’re not in Europe anyway, I thought it might take a few years to sort out but it would be all right. I’m not so sure now.

All kinds of people from all sorts of nationalities work in our industry. If European nationals can’t come here as easily it will be very difficult. Hotels will definitely struggle – we already fight to get the right staff.

I’m not sure we’d find enough British people to do this work. You have to be welcoming and willing and prepared to work long hours. You need to love working in hotels and serving people to work in hospitality. It might get difficult.

There are lots of skills needed in the hospitality industry – technical skills and human skills. Of course, there are British people with those skills but I’m not sure there’s enough.

I’m terrified at what is happening. I’ve been in this industry for almost 30 years. We’ve always had recruitment challenges but it’s as bad now as it’s ever been and that’s before Brexit kicks in.


 どの媒体だったか全く思い出せないが、しばらく前に、以下の内容を読んだ。

 「20年ほど前、イギリス人はレストランで、自分でワインを注いでいた。今は、自分のグラスが空になると、ウェイターが注ぐのを待っている。欧州連合離脱で、レストラン業界で働くヨーロッパ人がいなくなったら、イギリス人は再びワインを自分で注げるのだろうか?」。

 滅多に行かないが、たまに日本食を食べに行くと、フロアに日本人が働いていないのはもはや普通。見つけようがないと思う。高級ホテルや著名なレストランが採用条件をよくすれば、普通の街中の飲食店では人材確保が難しくなるだろう。そうなったとして、イギリス人は20年前の生活レヴェルに戻れる覚悟はできるのだろうか?

関連記事
スポンサーサイト
Brexit    ↑Top
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.