LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

バレエでの被害者は常に女性

2017.11.14
38408586341_a0ba3b9e35_z.jpg

2日前のオブザーヴァ紙で、新作バレエで再び女性が暴力を受ける場面への批評記事が掲載された。

Royal Ballet triple bill review – yet more sexual violence
https://www.theguardian.com/stage/2017/nov/12/royal-ballet-mixed-bill-review-arthur-pita-twyla-tharp

 とても興味を惹かれたのでコメントを残し、昨日、ガーディアンのダンス批評家の短い記事も掲載されたので、そちらにもコメントした。起床して再び記事を読んでいたら、自分のコメントが読者コメントの一つとして選ばれていた。

Is sexual violence being trivialised in ballet?
https://www.theguardian.com/stage/shortcuts/2017/nov/13/sexual-violence-trivialised-royal-ballet

 立ち止まりたくなる気分を奮い立たせてくれた。

 正直、来春には「マノン」が上演される予定だが、見たい気分は強くない。もともとマクミランは好きではないし。「リーズの結婚」を観たい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.