LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Dead Man Walkng at バービカン:罪、許し、怒り、悲しみ

2018.02.25
40359271302_939282f304_z.jpg
(主役の、Sister Helenを 演じた、ジョイス・ディドナート

カーテン・コールの写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157693698906075/with/40359271302/

 2月20日、バービカンでJake Heggie作曲のオペラ、「Dead Man Walking」に打ちのめされてきた。

https://www.barbican.org.uk/whats-on/2018/event/joyce-didonato-in-dead-man-walking

Joyce DiDonato leads a magnificent cast as Sister Helen Prejean in the UK premiere of Jake Heggie’s powerful operatic exploration of the US justice system and capital punishment.

Written in 2000 to a libretto by Terrence McNally, Dead Man Walking is based on Sister Helen Prejean’s book about her work with condemned prisoners on death row. The opera centres on the powerful relationship that developed between a convicted murderer awaiting execution, Joseph De Rocher, and the nun who fights for clemency. It put Heggie on the map as a major force in modern opera, and Dead Man Walking has received numerous revivals worldwide. Mark Wigglesworth returns to the BBC SO to conduct an evening likely to stir up strong emotions.

 原作や映画で物語を知っている人は多いだろう。このオペラは2000年にサン・フランシスコで初演され、イギリスで上演されるまでに18年もかかった上に、たった一晩だけ。あるレヴューで書かれたいたのは、「どうしてイングリッシュ・ナショナル・オペラは上演しないんだ?」、と。予定が見えなくて購入を迷っているうちにほぼ完売。マデイラへ行く前の日になんとかリターンを購入できた。
 
 感想は、「打ちのめされた」、としか言いようがない。そして、死刑制度を廃止できない日本で上演されてほしい。現在、Forensic Mental Health、日本語では「法精神医療・心理学」の研修を受けている。賛否両論があるのは事実ながら、イギリスは死刑制度を廃止している。

 フォレンジックは綺麗事では全く済まされない領域。死刑制度が廃止されているイギリスで学べることの意味、そして治療に関わる意味を常に自分に問いながらという日常で、このオペラを体験できたことは本当に価値のあることだった。

 研修を受けている中で、凶悪犯罪が増えているイギリスは、人々の心のタガが緩んでいることに対してこれまで何もしてこなかった大きな代償を払っているという印象が深まる。このオペラ、もしくは原作が深く考察されていると感じたのは、凶悪犯罪によって家族を失った被害者家族が体験する心理的、そして現実的な苦しみにきちんと対峙している場面。加害者への刑罰だけではなく、被害者への支援を政治は忘れているように感じる。

 
関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.