LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

躑躅の森を彷徨う@RHS Garden Wisley

2018.05.13
天気予報が外れ、そして予想していなかった満開、色とりどりの石楠花と躑躅の森で時間と場所を見失うほどの幸せを、ウィズリィで堪能した。これまでなんども訪れているが、これほど多くの花に魅了されたのは初めてかもしれない。200枚撮った中で、この2枚は多くの人の鑑賞に耐えると思いたい。

41185941725_4ddac0e3d1_z.jpg

40279050050_224a9fc76b_z.jpg

アルバム(200枚もあるが、見てもらえると嬉しい)
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157668932259898/

 午前中は、前夜の雨の雫が残り幻想的な趣。日が差してきた午後は、花の色が思うように再現できなかったのが残念。入り口を入ってすぐのところに、まるであしかがフラワーパークの藤棚を意識したような大きな藤棚が設置されていた。鑑賞できるのは来年だろうから、どれほどになるのか楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- かんとく

綺麗ですね!ロンドンから近いのですか?
2018.05.13 Sun 22:09 URL [ Edit ]

- 守屋

かんとく さん

 僕は、RHSの会員の友人と一緒に友人の車で連れて行ってもらうので、ロンドンから最寄の駅までは鉄道を利用します。昨日は、鉄道網が機能していなくてエプソンまでヴィクトリア駅から40分。そこから車で20分弱くらいです。ロンドンから車だと、1時間はかかると思います。夏から秋はまた別の花が咲いて時間を忘れます。
2018.05.14 Mon 05:24 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.