LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

春は、花が次から次に咲くロンドン

2017.04.12
今年の春は、今でも早朝はかなり冷え込むが、晴れるととても暖かく、大気汚染がひどい割りに、空気が澄んで見えないこともない。ロンドン全域で、どれだけの桜、モクレンの木が植えられ、どれだけの水仙やチューリップが街を輝かせているのか統計があれば知りたい。

33734730526_aa4cb29039_z.jpg

33857379766_19819bf14b_z.jpg

33898393595_f5e3ac5628_z.jpg

33898386685_ae65571864_z.jpg

3月のロンドン
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157682098330446/

4月
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157682098405356/

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157679128023893/

 今年は個人的な理由で、春の花が咲き続ける限り、ロンドンの魅力を改めて感じることが多い。

キュー・ガーデンズの春の花2

2017.04.12
桜なのかりんご系の果樹なのか判らないが、キュー・ガーデンズにあれほど「桜」があるとは知らなかった。

33937772875_d19db3e7e8_z.jpg

33937811375_d94319c062_z.jpg

33094670494_15d96b8a5c_z.jpg

33095424684_485d5d9626_z.jpg

写真コレクション
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157679132434124/

 しばらくすると、ブルーベル。5月は芍薬ツツジの季節。

キュー・ガーデンズの春の花1

2017.04.12
IT環境の整備に時間がかかっている間に、キュー・ガーデンズは春の花々で輝いていた。

33282212510_c9654349b8_z.jpg

33282420480_7f4dd3e715_z.jpg

32823900224_bb494f8043_z.jpg

写真コレクション
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157678922991433/

Anish Kapoor@Lisson Gallery

2017.03.30
32929495513_4910cff81f_z.jpg
(とても気に入った、Tongue 2016という連作の1枚)

明日から一般展示(無料)が始まるアニシュ・カプールの新作を観てきた。

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157681922408566

 彼の作品を観る度に、美しいという感覚よりも、「Art」を体験しているという感覚の方が鮮明。レヴューでは、シリコン性の巨大な「彫刻」が注目されている。抽象画はあまり好きではないが、今回のプリミティヴな印象のある絵画群には惹きつけられる。

Anish Kapoor
http://www.lissongallery.com/exhibitions/anish-kapoor--15

Anish Kapoor, one of the most influential artists of his generation, presents a major exhibition of new work at Lisson Gallery London, marking his sixteenth exhibition with the gallery. The show explores the affective nature of painting from the multiple perspectives of Kapoor’s varied working practice. His works evince overlapping dimensions, at once image and object, illusion and representation, substance and skin, surface and depth.


The exhibition debuts three large-scale, amorphous, hybrid forms that exist somewhere between paintings, sculptures and anamorphic objects. These signal an important development into sculptural objecthood from the expressive silicone ‘paintings’ that premiered in the artist’s last London show two years ago. The exhibition features work further exploring the shift between two and three dimensions, including a pair of red stainless steel mirrors – employing different types of reflectivity – as well as a number of significant gouache works on paper made over the past six years.

The artist’s actions, whether by hand or fabrication, simultaneously build and tear apart the substance of the world, veiling and unveiling its image. These latest developments relate to and expand on a series of experiments with painted silicone that Kapoor has been working on for many years, but showing only recently, including the triptych of paintings Internal Object in Three Parts (2013-15). This work was first exhibited at Lisson Gallery London in 2015, and then travelled to the Rijksmuseum, Amsterdam later that year and were shown alongside a wider selection at MACRO, Rome from December 2016 until April 2017.

The exhibition foregrounds a maroon-red palette of colours, darkening to an earthy black, continuing his interest in the interior void and the ‘dirty corner’ of the world’s material and psychic realities. Even his concave polished mirrored works are here complicated by a coating of hazy matte colour with a seductive satin surface, which blurs and softens the reflection of space including the viewer. A rare presentation of recent works on paper sees Kapoor utilising paint to similar, visceral effect. Ranging from the apocalyptic and abstract to transcendent and gestural, the leap from paper to object is palpable without these works being containable as drawings or studies towards larger pieces.

Kapoor has been represented by Lisson Gallery since 1982. This will be his sixteenth exhibition at the gallery, which this year celebrates 50 years of working with artists and making exhibitions. In May, the artist presents his celebrated installation Descension, a perpetual black whirlpool, in Brooklyn Bridge Park, as part of the Public Art Fund’s 40th anniversary celebrations in New York.


 最寄り駅はエッジウェア・ロード。ちょっと複雑だが、ベイカルー・ラインのマリルボーン駅から歩けば、エッジウェア・ロード北側の、慣れていないと不安になるかもしれない緊張感を避けることはできるだろう。

2015年、ヴェルサイユでの展示
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2528.html

Anish Kapoor flaunts use of "world's pinkest pink" despite personal ban from its creator
https://www.dezeen.com/2016/12/30/anish-kapoor-uses-stuart-semple-worlds-pinkest-pink-despite-ban/

東芝の命運:Westinghouse破産手続きを開始

2017.03.29
数分前にFTから届いた速報。

スクリーンショット 2017-03-29 8.26.10

 東芝の命運、日本の原子力政策もこれで終焉かな。


2017年3月29日:イギリス、欧州連合離脱を正式に通知

2017.03.29
Guardian29Mar2017.jpg
(2017年3月29日、ガーディアンの一面)

FTによると、経団連が昨日、イギリスの欧州連合離脱による影響について書簡を送ったようだ。

Japan’s business lobby issues fresh Brexit warning to Theresa May
https://www.ft.com/content/4959296c-13a3-11e7-b0c1-37e417ee6c76?emailId=58da56cc21b8e3000405c0a7
(読むには登録が必要)

 メイ首相が欧州連合への離脱通知に署名し、通知は今日、ブリュッセルに届く。

Brexit: everything you need to know about how the UK will leave the EU
https://www.theguardian.com/politics/2017/mar/27/brexit-everything-you-need-to-know-about-how-the-uk-will-leave-the-eu

 欧州からの移民が激減するであろうとの予測で最も影響を受けるのは残留派が多かったロンドンというのは皮肉であると同時に、ロンドンの経済力に翳りが現れたとき、離脱に投票した人たちは幸福になるのだろうか。ロンドン東部、ロムフォードからの報告。ちなみに、ロムフォードは地名は知っているが、どのように到達できるのか全く知らない。

Brexit heartlands: pro-leave Havering – a photo essay
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/28/brexit-heartlands-pro-leave-havering-essex-photo-essay

 長い記事だが、それぞれのインタヴューは短く簡単なので、時間のある時に。読むのが面倒でも、写真を観るだけで、ロンドン、そしてイングランドの生活や文化の一端を知ることができると思う。
 ビンゴ・クラブ、そのような社交場があるのは随分前から知っている。行く機会がないし、何より年金生活者が時間を持て余してという偏見しかなかった。しかし、写真を見ると、若い世代も居る。ビンゴ・クラブ、実物を見てみたいとは思うのだが、行ったら浮きそうな気がする。

 何が起きるのかな。激動が訪れるのかと思うと、無責任だが、わくわくしている。

Brexit    Comment(0)   ↑Top

ロンドンの春の彩り

2017.03.25
33258921570_d7e0e53140_z.jpg

ロンドンの春、綺麗だということを伝えられれば。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157679859873621

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157681726428926

 今日、今週テロ事件が起きた議会のそばで、欧州連合離脱に反対するデモンストレイションが催された。

Nick Clegg tells EU march there is a 'perpetual sense of anger' over Brexit
https://www.theguardian.com/politics/2017/mar/25/nick-clegg-tells-eu-march-there-is-a-perpetual-sense-of-anger-over-brexit

猫と祈る今日、そして明日

2017.03.23
Cats    ↑Top

ロンドン・テロのあとのイギリス出入国時の注意事項

2017.03.22
現在、イギリス時間2017年3月22日、午後7時。

 今日の午後に起きた、ロンドンでのテロ事件(ほぼテロで確定)により、警察官一人と民間人2人が犠牲になっている模様。

[注意:記事の冒頭の映像には事件現場の場面がある。大きな衝撃を受ける人が居るかもしれないので、観る時は他の人と一緒に観るようにして欲しい]

Parliament attack: police hunt for clues after five dead in 'sick and depraved' incident
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/22/parliament-attack-police-officer-four-dead-westminster

 事件の解明はこれから。春休みを利用してこれからイギリスへ来られる予定の皆さんへ、入国時、そして日本への帰国時に注意をしておいた方が良いであろうことを幾つか。

 まず、イギリスでの滞在先の情報は、必ず家族、もしくは勤務先に伝えておくこと。普段であれば、個人の休暇の予定を勤務先に伝えることにまで僕は踏み込まないが、このような状況では何かが起きてから消息をつかめない状況は避けるべき。

 イギリスへの飛行機が日本からの直行便、もしくはヨーロッパ各国を経由してではない場合、空港でのセキュリティ・チェックに時間がかかる可能性が大きい。

UK bans laptops and tablets on flights from six Middle East countries
https://www.theguardian.com/world/2017/mar/21/uk-set-to-ban-laptops-on-flights-from-middle-east-countries

Nothing larger than smartphone allowed in cabins on planes from Turkey, Lebanon, Jordan, Egypt, Tunisia and Saudi Arabia

 日本からの経由便で考えられるのは、トルコとサウディ・アラビアからだろうか。これらの国からの経由便でイギリスへ入国するとき、パスポート・コントロールで不信を引きつけるような言動は避ける。

 入国の理由は、「観光」。たとえ日本人観光客でも、「友人に会うため」は、特に現状では決して言わない。

 とりわけロンドン市内では、混雑する場所は極力避ける。また、大きな荷物を持って出歩かない方が良いだろう。道に迷ったら、できるだけ警察官を探して彼らに尋ねる。警察官は通常2人組でパトロールしている。

 出国時、直行便、経由便どちらも普段よりも余裕を持って空港に向かう方が良いだろう。手荷物検査の超混雑は想像に難くない。また、今更だが、手荷物には飛行機内で使う必要のない物は入れない。

 大切なのは、日本を出発する前に、旅行代理店、航空会社、外務省に注意事項を確認しておく。

春の青空に映える木蓮

2017.03.22
33438050721_b3952401fd_z.jpg

先週はまだ堅い蕾のままだったチャーターハウス・スクウェアの木蓮がほぼ満開だった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157678251661964/with/33438050721/

 もちろん、日本の桜を観たい気持ちに変わりはないが、ロンドンの春は次々に色とりどりの花が咲くので楽しいし、こんな所にと驚くような街角で満開のモクレンや桜(のような花)を発見するのは楽しい。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.